2007年02月14日

Happy Valentine's Day♪

07.2.14.jpg

「作ったから食べて〜♪」って持って来てくれる子ども達。
嬉しいなぁ〜。

でも一生懸命難解数学に挑戦している中3生の横では
もう少し気配りがいったよね。

塾生と分け合って残りは…
ありがたくって食べられないわ。ハートたち(複数ハート)
posted by maru at 22:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

連休は・・・。

ポカポカ陽気に誘われてお出かけすることに。
いつもの調子で無計画行き当たりバッタリ
「中国道空いてたら”牛窓”混んでたら”和歌山”やな。」と夫。周りは突然言い出してるように思うけど彼の中では準備万端…だと思う。だっていつもガソリン満タンだもんね。(^^;ゞ

幸い高速道路はどこもスムーズに走行中
いざ西方面へ出発です。

途中 「合格しました♪」と一報が入る。
今日は私立高校入試発表日でした。
気を良くして「コブクロ」を大声で歌いながら快適ドライブ
岡山ブルーラインを目指します。両側に瀬戸内海が臨める景色が大好き♪まもなく牛窓に到着です。

07.2.11-usimado.jpg

穏やかな海が輝いていました。

ゆっくりしたいところですが今夜泊まるところを探さなくては。

「倉敷まで行こか?あそこまで行ったら空いてるかも」
時刻は1時過ぎ 3時前には着くでしょう。

倉敷美観地区は大賑わい 周辺道路は大渋滞でした。

07.2.11-kurasiki.jpg

何度も来ているので観光はそこそこにとりあえず観光案内所でホテル案内をもらって電話をすることに。
有名な”アイビースクエアー”は一泊素泊まりで「16,000円」ですって。ちょっと高すぎ!(>_<) 駅前のターミナルホテルでその半額で泊まることにした。「アイビーに泊まったつもりで美味しいものを食べよう。」が共通の意見。

07.2.11-1.jpg

ぶら〜と入った郷土料理のお店浜吉
”ままかり”の刺身 しゃこづくし(刺身 天ぷら 蒸し物) 蛸の味噌 どれもお酒の肴に最高 ここでしか味わえないものばかり 美味しかったっす♪(^¬^)


翌日は日生廻り。
日生からは小豆島行きのフェリーが出ているので乗りたかったけれど今日は断念。そのまま海岸線沿いに赤穂経由で室津港へ
義母の母の実家があったところで釣り船がたくさん停泊している小さな漁港です。義母の好きなところでした。見せてあげたかったなぁ〜。
ちらほら咲きの綾部の梅林にも立ち寄ったりしながら暖かすぎる春のはじまりを楽しんできました。
2日間の報告をしに義母のところに寄ったら「何しに行ったん?」て。来週は大阪城にでも一緒に行きましょう。

追記

その後 ひとあし早いけど長女がバレンタインデイにと手作りチョコレートケーキを持ってやってきた。
次女も私たちが留守の間に作っていたよう。
「娘に手作りのチョコをもらえるなんてお父さんかなり幸せじゃないの?」と言うと夫の返事を待たずに次女が「お母さんのが生協のじゃなければね…。」と横槍。(>_<)

07.2.12.jpg

次女のお菓子 とっても美味しかったのでレシピ紹介します。

ミルクチョコレート(130g)
生クリーム …45ml
はちみつ …小さじ1
森永ビスケットマリー …6枚
森永チョコレート小枝 …1箱分

@ 少し大きめの耐熱容器に生クリームとはちみつを入れ、電子レンジに入れ、約1分加熱する。
この中に細かく割ったミルクチョコレートを入れて静かに混ぜ、なめらかに溶かす。

A マリーをストックバッグ(中)に入れ、めん棒などで細かく砕き@に混ぜ 大き目のスプーンですくい取り、手のひらにとって約2〜3cmのボール状に整えバットに並べる。

B 細かく切った小枝をAに手早くまぶして出来上がり。

ちょっと工夫でお洒落になりますよ〜。

(森永製菓の回し者ではありません。)ヽ(´▽`)/
posted by maru at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

明日は

07.2.8.jpg

私立高校入試日です。

今日は最終点検。「不安なところはない?」って聞いたら「食塩水・割合の問題」「もっと一年生のとき真面目にやってたらよかったわ。」と反省 反省・・・。
今日は素直なとてもいい子たちです。

最後は神頼み
縁起菓子 キットカットを配った。”合格祈願済みシール”を貼ったものは手にはいらなかったけど私が合格祈願ずっとしてるよ。
”きっと勝つ”を信じてガンバっておいでね〜。

「土曜日から公立に向けて頑張るわ!!」と頼もしい言葉を残して帰っていった。
posted by maru at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

カリフラワー

大きなキャベツくらいの大きさのカリフラワーを一房頂いた。
クリームシチューに入れようか?
カレー風味ピクルスを作ろうか?
でもそれくらいではなくなりそうにないのでスープにしようとひらめいた。
かぼちゃスープの作り方と一緒かな?と思いながらネットで検索!美味しそうなレシピが次から次へと出てくる。
選ぶ基準は簡単に出来ること♪

ありました。\(^o^)/ 我流とあまり違わない簡単クッキング法が。参考にしながら適当に作ります。

* * *

玉ねぎ半分を薄切り バターで炒めます。
しんなりしたらジャガイモ2個薄切りしたものを加え 茹でたカリフラワーも入れます。
スープを目分量で加え20分位煮込みます。
冷ましてミキサーにかけまた鍋に戻して牛乳塩コショウで味を整え出来上がり〜〜♪

07.1.6.jpg

* * *


美味しく出来たので離れて住んでいる長女にも「食べに来ない?」ってメールする。
お鍋一杯に出来たスープは明日の朝次女が食べるのを一口残して完食でした。
よかったらお試しあれ〜♪
ジャガイモを入れるのがミソですね。(^_-)-☆
posted by maru at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

退院 その後

と言っても義母の様子ではなく私たちのこと
(義母はもう入院していたことを忘れているようです。)(^^;ゞ

ほとんど毎日病院通いしていたので急に安堵感と解放感が広がります。
実家の母と毎年恒例にしていた清荒神参りも待ってもらっていました。
「退院しはったから土曜日行けそうやわ。」と電話すると
「よかったなぁ〜。じゃあその後デパートにも付き合って。」と
こちらもいろいろあるみたい。

07.2.3.jpg

幸い良い天気でおしゃべりしながらゆっくり参道を歩けました。
私は夫と年初にお参りしてたのでお札をもらうこともなかったのだけれど
「去年はこうやった。その前の年はああやった。地震の年は来れなかったなぁ…。」などと薄れゆく記憶を手繰り寄せつじつまがあわない思い出を二人で話すのもおもしろい。お昼は参道の昔からあるうどん屋さんへ。ここにも何度来たことでしょう。毎年同じことの繰り返しが出来ることに感謝しなければ。

梅田のデパートで母と別れ夕方は夫と待ち合わせ。
久しぶりに映画観賞。

「それでも僕はやっていない」「マリー・アントアネット」「ディパーテッド」観たい映画がたくさんあったけれど上映時間も考えて「幸せのちから」にした。

主人公ウィルスミスが走ります。
重い骨密度測定器を持って走ります。
一人愛息を育てる為にどん底から幾度も這い上がります。

派手なアクションやロマンティックなシーンはありません。

ただこの親子どうなっていくんだろう???って思いながら引き込まれていきます。80年代の音楽が静かに流れます。
一筋涙も流れました。
(隣の若いカップルの女性はぐしょぐしょでした。)
もしウィルスミス親子じゃなければこうはいかなかったかも…。

でその後土佐料理の店「酔鯨亭」へ
「どろめ」「のれそれ」などがお勧め料理のメニューに

明日は立春ですね♪

posted by maru at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

退院しました♪

07.2.2.jpg

「Mさん びっくりしました〜。こんなに良くなるなんて。」と退院間際 担当医が大きな声でそう言いながら病室に入って来られた。
「もう普通食もしっかり食べられるしいつもと変わりなく過ごしてくださいね。」と。
もし嚥下が上手くできなかったらチューブを通して食べ物を入れることも考えなければいけなかったのに食事が始まると咽ることもなくむしろ待ってましたとばかりに食事時間を楽しみにしてめきめき元気になった義母。自力で命を繋いでくれました。

今年には珍しくちらほら雪が降っていた日 
地下鉄から地上に上がった時はみぞれに変わっていました。病院までの道
傘を持っていなかったので小走りしながら信号では足踏み なんだかじっとしていられなくって…。
吹き付ける風は冷たかったけど心の中はあたたかく
「まだまだ元気でいて下さいね。私たちの元気の源ですから…。」とマフラーと毛糸の帽子で包まれ車椅子で車に乗せられる義母を見ながら思った。
posted by maru at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族・自分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする