2007年03月31日

週末 年度末

新年度までに…
と駆け込むかのように楽しいことが目白押しの週末でした。

30日 同級生のtantanとmixi繋がりで同業者のりーさんと梅田でランチ&cafe 彼女達は初対面だったにも関わらずず〜〜っと話込んでいた旧友のような雰囲気。 大阪巡りと称して行った先はヒルトンホテルの本屋さん 気持ちを活字で表現することがとっても上手なお二人 しかも本好き 何を見ても食べてても話は途切れることなくあっという間にtimeup!

その後三宮に移動して夫の学生時代の友人4家族と合流
それぞれの子ども達の合格祝いや就職祝い・・・と言う名目で子どもを出しにした飲み会。BARU Djobi Djoba

07.3.31-2.jpg

こじんまりした穴蔵のようなお店 イベリコ豚の生ハムにスパークリングワインはとても合うことがわかった。

「今朝歯医者に行ってきたから今日は飲まれへんねん。」って飲んでるんちゃうの?と思えるくらいはしゃいでいた陽気な友人が10人乗りの車で来ていて「神戸は海やろ。海見に行こっ!」と言ってくれたので一行はハーバーランドへ。(丁度定員ぎりぎり)
51歳のおっちゃんたちは観覧車に乗りたかったようで念願叶う。

07.3.31-1.jpg

その時は小雨だったけれど 数十分後に激しい春雷に見舞われるとは…。ふらふら

さて4月から 娘は無事国家試験に通り新しい職場でがんばるらしい。前の職場の患者さんからは身に余る言葉やプレゼントをもらい自分が3年間してきたことが評価されたことに喜びを感じているに違いない。
私も寂しい別れはあったけれど新年度かわいいお客様(?)との出会いも待っている。
新しい問題集がまだ部屋一杯に並んでいるのだが来週は一人一人に渡しながらまた一年頑張っていこうと思う。

「親の役割は終わり!」って断言していた夫。 仕事は相変わらず厳しいそうだけれどみんなの前で「自分の為に生きるぞ!」って宣言していた。プロ野球開幕と同時に熱くなっています。ちょっとコ・ワ・イ!!(笑)
posted by maru at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ(日帰り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

お別れ会

07.3.27.jpg

卒塾生7名でささやかなお別れボウリング大会
一緒に遊べるのはこの時とばかり一番張り切っているのは私
グッパでチーム分けしてstart!!
ウチの塾らしく競うことなく和やかにのんびりゲームは進行します。
2ゲーム目でダブルが出てスコア125 なんとか面目が立ちました。

07.3.30-2.jpg

夕方 高校から出た課題をやりに来た二人
一人はお母さんから預かった手紙を持って来てくれた。
読みながらしみじみしていると
「人生の1/3 塾に来てたんやなぁ〜。」と言い出した。
なるほど まだたった15年しか生きていない人生
5年間も通い続けてくれてたんやもんね。

「本音を言いますと高校の勉強も引き続き娘のことを一番わかっていただいている先生にお世話になりたいと思うくらいです。」と手紙。

有難く 高校生も教えられるくらい勉強していたら良かったと今さらながら後悔するのでありました。
posted by maru at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

サクラサク

23日は高校後期入試合格発表の日でした。

10時が近づくにつれドキドキ♪♪
学区が減った影響が読みきれず受験校の倍率が予想外に高かったので無理はしていないはずと思いながらも心配でそわそわ。
10時からは6年生の授業中だったけれど「今日だけはメール取らせてね。」ってお願いしといて準備万端。

第一報
10:14 受かりましたわーい(嬉しい顔)
10:31 受かりました!!ありがとーごさいました。
10:57 ↓これだけ…。 まあよくわかるからいいか…。
07.3.23-発表.jpg 
    

その間元塾生のお母さんからも「おかげさまで…。今 発表見に来ています。」って喜び一杯の電話。

11:32 受かりましたわーい(嬉しい顔) 塾遊びに行きます。

最後に難関校に挑戦するか悩みに悩んだ子から「受かりました。」って。 これで全員です。

みんな 「よかった〜〜♪ よく頑張ったね。」私から言えるのはこの一言だけ。4月からまたみんなそれぞれの道でガンバってくれることでしょう。

07.3.23.jpg
「嬉しくなって帰り道ケーキ買っちゃいました。」って差し入れを持って来てくれた発表を見にいって来たお母さん。今までのいろんなこと話しているうちにお互い涙ぐんでしまいました。

さて来春はどんなドラマが…。
って思うところですが来年度は中3生はいない予定。

残った中2生 ハンドボール部とサッカー部の男子3名 チアリーディング部の女子1名
みんな成績が芳しくなく「こんな成績塾来てなくてもとれるよ。先生はみんなの成績を上げるのが仕事。これやったら先生失格やわ。どっか他の塾探したほうがいいんちゃう?」って真剣に話したら次来た時家庭でも話したみたいで「先生そんな落ち込まなくいいで。お母さんも先生に申し訳ないって言ってたわ。先生のせいちゃうし俺らがアホなだけやねんから…。先生もっと厳しく怒ってえや。」と。「アホちゃうよ。いいもん持ってるのに伸ばされへん私が悪いねん。」と慰め合い…。
本人曰く「お風呂で眠くて沈みそうになった。」とか「朝起きてファンヒータの前で着がえしてる途中に気づいたら寝てた。」とかお母さん曰く「お風呂入りに行ってそのまま脱衣所のところでかえるみたいになって寝てたんですよ。」ってとにかく眠たいらしくご飯を食べる以外ボーっとしているらしい。それでも朝練 夕練休むことなくクラブ一色の生活を送っている。
さてこの子達をどう引き上げるか?私ももっと工夫しなくては。
数ある塾の中からウチを選んで来てくれるんだもの新中1生も5名そのまま残ってくれるらしいのでますます気をひきしめなくてはいけません。

ほっとしている場合ではなく来期に向けでせっせと問題集を吟味しているところです。

posted by maru at 13:41| Comment(8) | TrackBack(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

カレーパン

07.3.19-kare-pan.jpg

娘の「カレーパン作って♪」の声をずいぶん無視してきたけど(ゴメンなさい。)やっと作る気持ちになりました。前作ったのはいつ頃だったかな?
先日亡くなった友人が抗癌治療を2週間に1度受けていた頃 「抗癌剤を入れたときは気持ち悪くて食べられないんだけどその後少し調子が良くなる時食べれなかった分を取り戻すために頑張って食べるんだ。」って話を聞いて持って行ったのが最後だったかな?去年は作ってないので2年前??ふらふら

パン教室に一緒に通ってて その教室が終わってからもお互いの家を行き来しながらよく作ったよね。
かもめ食堂にでてきた”シナモンロール”
巻くのがとっても上手で仕上がりが綺麗!!私が作ったものと同じ材料だったとはとても思えなかった。
工夫するのが上手くて自分流でお料理を楽しんでいた人だった。

フィーリングを詰めながら 揚げながらいろんなこと思い出す。
「こうした方がいいよ!」ってよく言ってくれた。もう一度その声が聞きたい。

今日は彼女の追悼のパン作りになりました。

今度はもっと楽しく作れるようにしよっと♪
posted by maru at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

のんびり・・・。

おかげ様で祖母の経過は良好らしく週末は「兄がお墓参りに連れていってくれた。」とか「弟がお墓参りの後寄ってくれた。」とかで母も落ち着いてやれやれ。「MRIの予約入れてるけどもういいみたい。」らしく こちらはと言えば昨日は義母と久しぶりに散歩そしてOBPの「にしむら珈琲」で大好きな珈琲が一緒に飲めてお話も少ししてくれあの騒ぎが嘘のような週明けです。

先週までは毎日中3生が来ていたのでそれがなくなった今はのんびりまず全く捗らなかったパッチワークを仕上げました。

07.3.19.jpg

男性にとってのプラモデル作りに似ているかな?好きな音楽をBGMに無心で作れます。絵心がないので何もないところから生み出すのはとっても苦手なんだけど布の組み合わせはおもしろい。7種類のハウスの組み合わせで布はたぶん50種類くらい使っていると思う。お家の中の出来事などをイメージして作っていくのは楽しい作業です。

そして以前から見たかった「かもめ食堂」と「ナイロビの蜂」のDVDを観た。
どちらもお勧めサイトの評判どおり引き込まれた作品でした。

□ かもめ食堂

オールフィンランドロケだったそうです。
ゆっくり穏やかに時間が流れます。ヘルシンキの風景や調度品にも魅了されながらエッセンスの効いた台詞に感動しあっという間にエンディングでした。テーマは人を信じることかな?

□ ナイロビの蜂

これは重たい映画でした。社会の不合理が貧困地域とりわけ子どもに向けられる現実 アフリカの現状などドキュメントじゃないんだけど錯角して怒ってます。愛がテーマかな?


07.3.19-niwa.jpg

ここのところ戻り寒波模様ですが庭の草花は春が待ち遠しそうです。今年は桃色タンポポでいっぱいにしたいんだけれど…。
posted by maru at 11:38| Comment(5) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

3月も半分過ぎ…

07.3.11..jpg

明日は公立高校入試
「今日で最後やな〜。」って思いながら中3生の授業の準備をしていたところに電話がなった。
「今おばあちゃんがトイレの前で滑って立たれへんねん。痛い痛いって言うて動かされへん。このまま寝たきりになりそうやわ。あんた来られへん?」と母の悲痛な声。
「エェ〜〜!明日受験やから仕事休まれへんけど終わってからやったら行けるよ。」と言うと少し安心したようで「待ってるわ。」と言いながら電話が切れた。
これからどうなるんやろ?ってぐるぐる良からぬ思いが頭の中を渦巻きながら時間が過ぎる。
仕事前再び電話「おばあちゃん いつものホームで観てもらえる事になったわ。介護タクシーで病院にも行って来た。骨折はしてないらしい。痛み止めの注射 何本もうってもらってちょっと落ち着いたわ。今からお迎えの車が来るからあんた忙しかったら来なくていいよ。お弁当買ってきたけど。」と一転明るい声。タイミングよくいつもショートステイでお世話になっている施設で空き部屋が1室あったそうだ。安心したけれどお弁当買ってきてるってことはやっぱり待ってるんやん。(笑)
母のことが気になるし実家に行くことにした。
行って話を聞けばその時の状況がよくわかる。老々介護そのものである。
「私の理想はあんたが車の免許を取って近くに住んでくれることやわ。」って大胆な発言。なんでもするけどそれだけはできないよ〜〜。(>_<) 

翌日祖母を見舞う。
ベットに寝てると思いきやちょこんと皆さんと一緒のところで座っていた。「大丈夫なの?」って声をかけると「何で来とるんじゃ?仕事があるじゃろう?」と。「昨日転んで大変やったでしょ?痛くないの?」と聞くと「知らん。そんなことあったかいのう?」ときょとんとしている。横から母が「痛がってないか見舞いにきてくれたんやないの。」と言うと「わしの死に目を見にきたんか?」と笑ってる。
転倒=骨折という方程式が祖母の場合通用しなかったみたい。良かった!それにしても96歳 昨日の記憶はそんなものなのかな…。

先週 15年来の友人が亡くなった。
もう会えない 話ができないと思うと悲しくて思うだけで涙が出てくる。
あの人はそこにいる。会いたいと思ったら会える。 生きてるってことがどんなに心の糧になってありがたいことかを思い知る。
直接介護している母は大変だけどどうかよろしくお願いします。お迎えはもう少しお待ちくださいませ。

ほっとしたら急に生徒達のことが気になった。
受験どうだったんだろう?

画像は先週専門学校を卒業した娘の晴れ姿 4月からは引き続き整骨院で働きます。
3月はいろんなことがありすぎて気づいたらもう半分が過ぎていた。ふらふら
posted by maru at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 家族・自分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

3月も…

07.3.2-1.jpg

あっという間にきちゃいました。
早いって思うのはしてきたことを忘れてしまうからなのか?
明日はもうおひな祭り
壇飾りは今年もパス・・・。(お母さんごめんなさい。

昨夜「もう今年も2ヶ月たったのに俺は何してきたやろう?」と夫。
「お母さんが入院してたし介護で大変やったやん。おかげで元気になってくれたしよう頑張ってきたと思うよ。」と言うと
「自分のことや。何にも変わってない。」って。
「変わってなくってよかったやん。私なんか後にさがってるよ。(>_<)」
お互い慰めあいながらやっぱり「このままでいい。」って思うにはまだ早すぎる年齢なのかしら?と思ったり。

今読んでいる本におもしろいことが書かれてありました。
「『ボウ』って読む漢字たくさんありますよね。その中で最初にパッと思い浮かぶ何でしょう?
キーボードで変換するとたくさん出てくるからそれはなし。今思い浮かんだ字を書き留めてみてください。
今のあなたの心理状態がわかるかも・・・。
よかったら教えてくださいね♪(^_-)-☆

私は・・・。
posted by maru at 09:45| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする