2007年04月30日

続 GW

遊んでばかりじゃいけないとちょっとゆとりがある時にパッチワークの先生に質問されていた中学受験塾の広告に掲載されていた灘中学校の算数の入試問題に挑戦!!

2つの容器A・Bにどちらも40gの食塩水が入っていて、濃度の比は3:2である。
Bに水60gを入れ、そのうち( )gをAに入れた。
さらにA・Bどちらも100gの食塩水になるよう水を加えるとAとBの濃度比は7:3となる。
このとき( )にあてはまる量は何gか求めよ。

わざわざ写してこられたそうだ

ざ〜っと目を通した時はムム????
図にしてみたらわかり易い数字になってきたのでホッと一安心。

こういった具合にすぐ閃かないのが弱点です。ふらふら

みなさんもよかったら挑戦してみてください。
ちょッちょっと解ける人たちばかりだったらどうしようあせあせ(飛び散る汗)

さて 長女がやってきました♪
彼女の運転で実家まで行ってきま〜〜すわーい(嬉しい顔)
posted by maru at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

70年代の歌たち

07.4.29.jpg

GW中 遊ぶ計画ばかりしているのだが今日は”クミコ”コンサートに行く。
「来年元気だったらまた会いましょう。」
と自然体で語られる昨年の彼女のステージが気に入って今年も発売早々チケット予約をしていた。

今年はデビュー25周年
歌っても歌っても売れない時期があって
「30年前はこんな自分が想像できなかった。」って。

一部は今年リリースされたアルバム「十年 70年代の歌たち」から
喝采(ちあきなおみ)
闇夜の国から(井上陽水)
神田川(かぐや姫)
北の宿から(都はるみ)
俺達の旅(中村雅俊)
「いちご白書」をもう一度(バンバン)
今日までそして明日から(吉田拓郎)
プカプカ(象狂象)
を歌われた。
懐メロ歌手と間違われそうだって笑いながら…。

私にとっても懐かしい曲ばかり

70年代
私は13才から22才。
クミコさんと同じく青春真っ只中でした。
1981年に結婚したので70年代は自分が独立した家庭を持つ為の助走期間だったのかもしれない。
時は右肩上がり高度成長期(だったそうだ。)
が、自分にはそういう実感はない。
父もそうだったんじゃあないかな?
真面目を絵に描いたような勤労者
出勤時刻も帰宅時刻も毎日決まっていた。
いつもお腹を空かせていた体育会系の4人の子ども達の胃袋を満足させる為に一生懸命働いてくれていたような気がする。
母もしかり 朝晩9合のご飯炊きを欠かすことなくいつもコンロに向かって何か作っていてくれたような気がする。
「『おなか減った。』と『お金ちょうだい。』それしか言わない」って母がよくぼやいていたのを思い出す。
趣味も持たずただ本を読むことが好きだった父は自分は図書館で借りるばかりだったのに私達にはおねだりすることは難しい環境であったが本だけは買ってくれてたような気がする。
そんな中 レコードを買うこともとても贅沢に思われてラジオやそこから流れてくる曲を一生懸命テープに入れて歌詞を覚えようとしていたのが私の70年代。
家族団らんを避けて食事の後はそれぞれの部屋に閉じこもりみんなラジオに耳を傾けてたそんな我が家でした。
そして今日歌われた曲がどれも口ずさめるのはその努力の賜物??

あっという間の30年
十年一日
「歳月が早いなぁ〜」と思うようになったら歳なんですって。

もうなんて言われてもいいや〜。
どっぷりオバサンだんだもんね。
この開き直りもいけないのかな?

楽しく元気に言葉を大切にされるクミコさんのコンサートにまた来年も行けたらいいなっるんるん
posted by maru at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

ゴールデンウイーク

07.4.28.jpg
(四葉のクローバーに蕾発見!!いいことありそうるんるん

ゴールデンウイークという言葉は1951年、映画会社の大映が正月映画やお盆映画並に興行成績が良かった期間として「ゴールデンウィーク」と名付け、次第に他の業界にも広まったそうだ。

観たいと思う映画がたくさん上映中だけれど洗濯物を干しながらまた水遣りしながら新緑を輝かせている陽射しを浴びるとこんな日はやっぱりウキウキ外の空気が吸いたくなる。

今日はガールウスカウト61団の入団式
千里中央公園でみんなが集まっています。
世代が変わって私が話せる子はみんなリーダー格になっていますがちょこっと顔みてこようっと。
HP 更新しないといけないしね。ふらふら

07.4.nyudansiki.jpg
posted by maru at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

日曜日

昨夜は家族4人が久しぶりに揃ったので延び延びになっていた次女の就職祝いをするために北新地の”かん禄”へ。
4月から4年生担任の長女
クラスの子ども達の写真を見せてくれながら
しゃべる しゃべる しゃべる
転院して元の医院が懐かしく元気がなかった次女も
食べる 食べる 食べる
タイガースの能見がかわいそうや!と言って負け試合を悔しがる夫は
飲む 飲む 飲む
それぞれ勝手に飲んで食べて話す姿がおもしろく私は
笑う 笑う 笑う
「お母さん ほんまに皺増えたよね〜。笑いすぎちゃう?」と次女にまじまじ顔を見られて一言…。
笑わすのはあんたらやん!!ふらふら

お祝い会がお笑い会になっちゃった。あせあせ(飛び散る汗)

今日は 朝刊に天王寺界隈の情報が載っていて
義母のところへ行く前に寄ってみようということになった。

07.4.15-1.jpg

NHKドラマふたりっ子効果か赤井効果?あるいは吉本効果?なのか大変な賑わいである。
昔は動物園の裏側は異様な雰囲気で近寄り難かったのにね。
有名な串かつ屋さんは長蛇の列 
どぎつい看板は大阪らしさをアピールしてるんかな?
こういうのはちょっと苦手
まだ25年住んでも大阪人にはなりきれてないのかな?

その後義母を家に連れて帰った。2度目である。
車椅子でマンションのスロープを上がろうとした時ご近所さんにばったり。
倒れてから初対面である。
言葉を選んでいらっしゃるようでちょっと話が途切れた時
「また 遊びにいかせてもらいます。」ってすらすら義母の口から言葉がでた。すごいね。
うちに帰ったら何か思い出してくれるかな?
そんな気持ちで連れてきたがいつも座っていたソファーで野球を見ている時「ようさん人入ってるなぁ〜。」って何度も言っていた。今日自分から出た言葉はそれくらいだったけれどほんとは車椅子から移動する時おしめがずれちゃったので「気持ち悪いよ。」とか玄関からリビングに移動する時も「へたやね〜。もっとゆっくり歩いてよ。」なんて言いたかったのかも知れないと思う。いつもいろいろ注意されていた頃が懐かしい。そんな言葉を今はもっと聞きたいと思う。

夕飯にあわせてホームに戻り西日に照らされながら御堂筋を北に自宅へ向かう途中「夕陽見に行こか?」と夫。「それやったら空港から見たいなぁ〜。」とリクエスト!日が落ちるのと私達が到着するのとどっちが早いかな?夕陽と競走した。

07.4.15-2.jpg

なんとか間に合って・・・るんるん

夕飯はじゃんじゃん横丁で食べられなかったたこ焼き!
たこ焼きがメインなんてどうよ(笑)ビール
posted by maru at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | お出かけ(日帰り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

いま この時

目覚めがだんだん早くなっている。
カーテン越しに明るさを感じるからかな?
起きてからの一番の楽しみは庭で饗宴中の花を見ること。

07.4.13-2.jpg

毎朝違う顔を見せる花々
「いま この一瞬を見て!」って咲き誇っている。

私には”いま この時”って誇れるものがあるかな?


07.4.13-1.jpg
(同じような画像だけどどちらも好きなので貼っちゃった!ふらふら


posted by maru at 09:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

私の時間

窓越しに見える桜の木
葉と花びらが半々くらいになってきました。

今日は外出予定もなくのんびり…。(いつもやね。)
桜の花を見ていると桜色のエプロンでも作ってみようかな?ってピンク色の生地があったのを思い出した。

すそに柵に見立てて少しパッチワーク
紐はメジャーになっております。(ちょっと嬉しい!)
cafeエプロンが出来上がりました。

07.4.11-1.jpg
自分で自分を撮るのは難しいね。ふらふら


夕飯は前から食べたかったおいなりさん
”あげ”は昨日買っていたのでまずは油抜き…。
なんて順調そうに作るハズだったけど
エプロンの画像を日記用にUPしようとパソコンで遊んでいたら焦がしちゃった。ふらふら

07.4.11-2.jpg

「福原出すん早いんちゃうん。」
と「ただいま。」も言わないでぼやきながら帰宅した夫。
おいなりさんにも八つ当たりパンチ
「味ないやん。しかも焦げ臭い。」
”あげ”を外して食べていた。がく〜(落胆した顔)

中日に負けなかったことでなんとか平和が保てたけれど…。
林君 Thanks!!るんるん
posted by maru at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

こんにちは♪

って言ってるかのように
桃色タンポポが少し開きました晴れ

散りゆく桜の花びらが鉢の中にひとひら…。
バトンを渡しているようでした。

07.4.8.jpg

posted by maru at 12:24| Comment(7) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

佐渡 裕

07.4.6.jpg

兄に誘われてクラシックコンサートへ
クラシックの演奏会なんて何年ぶりだろう

西ノ宮北口に”兵庫県立芸術文化センター”という素晴らしいホールがあることも知らなかったし”佐渡 裕”氏がどんな指揮者であるかも知らない。予備知識ゼロで足を運ぶ。

ただ前の週”オーラの泉”のゲストが”佐渡 裕”氏だった。
それまでぜんぜん知らなかった人が急に身近になり「この人の演奏会に行くんだ。」って思うとそのことに不思議な繋がりを感じた。


さて演奏会 オールチャイコフスキー
曲目/幻想序曲『ロミオとジュリエット』
  『ロココ風の主題による変奏曲』(チェロ:古川展生)
   交響曲第5番ホ短調


どれも素晴らしかった。
前から2列目ということもあり指揮者の息遣いがもろに聞える。
軽やかにダンスをしているようでもあり時には静かに瞑想をされてるようでもありまた時には激しくどこかに思いを投げつけているようでもあり音楽に動かされたピエロのように見えた。
実は音楽を動かしているのは彼なんでしょうけど。

音楽を一人でも多くの人に聴いてもらいたい。
劇場が街の誇りとなるよう 地域のものになって根付くよう
楽しい企画をたくさん考えられておられるという。

こういうかたの努力のおかげで 平日の夕方 満席のホールを見渡し日本人の文化の水準もヨーロッパに近づきつつあるのかな?って嬉しくなった。

「また来たいね。」ってその後感想を語り合いながら兄夫婦と友人と4人で居酒屋で飲んでいたら時計は既に11時をまわり終電に間に合うか…。慌てたのは後の祭り。ふらふら
posted by maru at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | コンサート・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

Spring has come!

07.4.4.jpg

築22年の我マンション
セキュリーティーやメンテナンス、生活空間のデザイン性などどれをとっても時代遅れなんだけど住んでて良かったと思えることがいくつかある。その一つが今…。
朝カーテンを開けるとお天気のいい日は朝日を少し浴びた淡いピンク色の世界が飛び込んでくる。台所で眺めながらお弁当作り!ちょっと張り切っちゃう♪そんな一日の始まりから日が暮れてモノクロの幻想的な姿に「おやすみ。」って言うまでとっても存在感がある。花が散リゆくさまも素敵だし散った後若葉が繁る頃も眺めているだけで元気になる。

花って不思議。

拙庭は只今花盛り
07.4.5.jpg
☆ めり 見てね〜手(チョキ)

posted by maru at 08:56| Comment(11) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

アレンジメント フラワー

07.4.3.jpg

有難いことに先月は娘も私もお花をたくさんいただいた。
春らしいパステルカラーのスイトピー
いろんな色を持つガーベラ
可憐なスプレーバラ
どの花も愛しくて枯れていく花を摘みながらもったいなく
簡単にブリザードができたらなぁ〜って思う。
私が出来ることは最初は花瓶に投げ入れていた花を
小さなポットに入れ替えてオアシスに刺すくらい。
お気に入りの一輪刺しに1・2本差し替えるのも控えめでかわいい。

また違う表情を見せてくれる花
それを傍らに昼下がりお茶する一時

心が和みまた頑張らなくっちゃぁ〜と思えます♪
posted by maru at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする