2007年08月28日

午前5時6分

富士山5合目 日の出の時刻です。

日の出前 静寂の中刻々と東の空の色彩が変化します。

07.8.28.goraikou.jpg

5:12

07.8.28.goraikou2.jpg

5:20

07.8.28.goraikou3.jpg

”日の出”と”ご来光”の違いは「見るまでに苦労したかどうか?」らしい。そういう意味では昨年はもう2度としたくない苦労の中で見た いや 拝んだ?”ご来光”。 今年はホテルの前から5合目までバスで連れて行ってもらってそこから運良く見られた”日の出”ってことになるのかもしれないけれど感動具合には変わりなく富士山からみたそれはとっても素晴らしく有難いものでした。

07.8.28.asayake.jpg

朝日に照らされて赤く染まった山頂。

07.8.28.kumo1.jpg

この夏最後の旅行 河口湖周遊。
幸せな一日の始まりでした♪
posted by maru at 00:00| Comment(9) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

祖母

07.8.10.jpg

18日で97歳になりました。
100歳以上の高齢者が3万人近くいる日本では珍しくもありませんがとりあえず身の回りのことを自分でしてくれることに感謝です。

ところが身体のあちこちは実はボロボロ
今日は白内障の手術ができるかどうか神戸大学病院で検査があるというので付き添い(母)のお手伝いに行って来た。
祖母は集中力がないので検査もままなりません。
眼底検査などは4人がかり
視力検査は通常の5倍くらいかかったんじゃあないかな?
それでも根気よく笑顔で祖母に付き合ってくれた検査医の方ありがとうございます。

結果 右目はもうすでにほとんど見えてないらしい。本人は「左に比べて薄いのう。」って言ってただけなのですが…。
左目は手術可能。ですが祖母が約束事をすぐ忘れる。じっとしていられない。などの事情を話すと事態は変わります。

「94歳まで一人暮らしでした。」と母が医師に伝えるとまた事態は変わります。

医師曰く「そんなにお元気な方だったら10年後を見据えて考えないとね。年齢は関係ありませんよ。」

10年後は107歳 母は84歳 私は…。

「そこまで想像できないのでとりあえず3年くらい不便なく暮らせるようでしたら現状のままでいいです。」とお願いし手術は取りやめ。

ほっとした表情の祖母   ヤレヤレ・・・。
posted by maru at 00:00| Comment(4) | 家族・自分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

三朝温泉

三朝温泉はこじまりとしたレトロな雰囲気を醸し出した温泉地だ。

昔からあると思われる通りでは”ヌード”という看板がやたらと目につく。反対側を見るとゲームセンターのようなところがあってそこには疲れたような中年女性が3人くらいお店番。
「あの人たちがダンサーやったりするねんで。」って夫。

今のように温泉地が家族サービスで来るところではなかった頃はこの通りももっと活気があったんだろうな。
かじか蛙の声を聞きながらこれこそほんまもんの昭和期の懐かしい風景だと思う。

07.8.15.asiyu.jpg

帰路はJRスーパーはくとで。
大きな車窓 そこから見える真夏の入道雲 
列車の旅もいいものです。
昔 上原謙と高峰三枝子がJRのグリーン車のコマーシャルでフルムーン旅行をしていたのがあったけれどあの時のふれこみは2人の年齢の合計が88歳やったよね。当時は遠い先のような気がしていたけれどもうとっくに超えてるやん。なんて現実に戻された。

07.8.13.sinjiko.jpg

50代 これからは”おまけの人生”って友人が教えてくれた。
物にこだわらず心磨きにこだわって
虚飾のないシンプルな生き方をめざしたい。

また知らない町に出かけましょう。
posted by maru at 00:00| Comment(8) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

日本一暑い場所

に来てしまっていたらしい…。
地元新聞が米子市では最高気温が38.6度「全国一の暑さ」を記録。境港市38.1度と伝えていた。

午前中 境港の水木しげるロードを歩いてた時どおりで暑いと思った。σ(^◇^;)

07.8.14.nezumi.jpg

でもこのねずみおとこさんはすごく偉かった。この格好で手を振りながら時には小さい子ども達の頭をなぜたり時には被写体になったり 通り過ぎてった後姿は頭から水をかけられたように衣装が汗だくだった。

午後は鳥取砂丘を目指す予定だったけれどこれじゃあ鳥取砂漠に違いないと断念。

07.8.14.mirror.jpg

白壁 赤瓦の街 
倉吉

ここも倉敷の美観地区のように人工感が強かったけれど街の人たちが一生懸命復興を考えてられるんだな〜って思った。

07.8.14.akagawara1.jpg

夕方三朝温泉に到着
旅館が良ければよいほど部屋が広々とすればするほど2人はやっぱりちょっと寂しいね。
posted by maru at 00:00| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

出雲へ

50歳記念に「夕陽をプレゼントするわ。」と。
夫は人を喜ばせることが好きな人である。
たまに嫌味も言うのでその度に変わる私の顔色を見て楽しんでいる風でもあるのだが・・・。

「それって宍道湖で?」と以前から行きたいと思っていたスポットを応えると「そこばっかり言ってるやん。」と。無意識に思ってるだけでなくアピールしていたみたい。(^^;ゞ

早く行けるからと伊丹空港から出雲空港へ
不安定なプロペラ機 気流が乱れ何度か冷や汗をかきました。

07.8.13.puropera.jpg

着くや否やレンタカーで今まで一度も訪れたことがなかった有名な”出雲大社”へ

07.8.13.izumo.jpg

「しめ縄思ったより小さいね。」って言ってたら実は大しめ縄は神楽殿にあったそうで見落としてしまった。(>_<)

07.8.13.onawa.jpg

若い人が多かったのは縁結びにあやかる為?娘達に「いらんよ。」って言われているにもかかわらずお守りを2ついただきました@親心(^^;ゞ

次に目指すは松江温泉 宍道湖です。
舟にのって松江城のお堀めぐりをして日没時間を待ちます。
本日の日没時刻は7時

07.8.14.sunset1.jpg

空が黄金色に染まっていきます。

07.8.14.sunset2.jpg

07.8.14.sunset3.jpg

静かな夕暮れ
ゆったりとした時間
一度として同じ夕陽を見ることがないからまた見たくなる。
大好きな時間です。
posted by maru at 00:00| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

今日は森町

07.8.7-terasu.jpg

もう最終日 朝食バイキングを食べた後浜名湖畔で記念撮影
今日は遠州の小京都といわれている”森町”を目指します。

07.8.7-moriyamayaki.jpg

森町は自然に恵まれた”森の石松”が少年時代に過ごした地。そして4軒の窯元が古くから伝わる”森山焼き”を継承しているころです。窯元に共通するのは”土”だけだそうで4軒それぞれが風合いの違う作品を表現していました。
お客さんが少ない時期なのでしょう。
どこも丁寧に説明又焼き物への思いを伝えてくれました。

中でも中村陶房の90歳のおばあちゃんはお元気でした。
手も口も気持ちもお若くて小さなめろんの種に自筆で”交通安全”って書いたお守りを下さいました。
「後継者は?」と伺うと
「他の人はいれません。作品がにごります。」って。
閉鎖的なのかもしれないけど一本筋が通っていて陶芸魂を感じました。

おばあちゃんの話を聞きながら品定め。
私も大切な人に一つお土産を求めました。

まだ行きたいところがあったけれど今回の私達の旅はこれでおしまい。

帰宅後夫に「やっぱり友達は宝やね〜。」っていろいろ話していたら自然に涙があふれてきて・・・。
やっぱり歳かな?

友人が書いた今回の旅行記ブログのメッセージに「あのバスケの面々が、そのまんま大きくなって、あのまんまの感じで旅行してるのを想像すると・・微笑ましいというか、笑えてきちゃいます(^-^; 」 とありましたがまさにそれを当事者ながら実感!!これからもこのままちょっぴり初々しさが残ったおばあちゃんになりたいなっ。て…言ったら「まだ早いよ!」ってつっこまれそうやね。(^^;ゞ
posted by maru at 00:00| Comment(12) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

今日は”ひつまぶし”

夜更かししても7時起床
旅館では布団はそのままにしておいてもいいはずなんだけど合宿みたいにみんなきちんとたたんでテキパキスタンバイ。こんなところも元体育会系やね。

今日の目的は昼食に”ひつまぶし”を食べること。
後から来る友人を豊橋まで迎えに行っていざ浜名湖へ
途中竜ヶ洞見物
07.8.6-ryugadou.jpg
2億数前万年前の地底世界に足を踏み入れた。「涼しい〜。」
神秘の世界は山口県の秋芳洞に負けず劣らず素晴らしかった。

さて”ひつまぶし”
これは浜名湖の名物ではなくて”名古屋”のものらしい
このあたりでは”舘山寺”で食べさせてくれると教えてもらって又移動。
到着してから1時間待ち 座ってから20分待ち でやっとありつけあた”ひつまぶし
「待ってよかった〜。」が感想です。(^^)



posted by maru at 00:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

素敵な旅

07.8.5-start.jpg

高校時代の部活仲間6人で伊良湖〜浜名湖方面に旅行に出かけた。

9:43 新大阪で神戸組みと合流 2泊3日もウチを空けるとなると大変なことはわかっていながら勇断した私達。昨日までの忙しさは忘れましょう。

まずは豊橋からレンタカーで伊良湖まで名ドライバー任せであまり観光地化されていない道を快適ドライブ

07.8.5-lighthouse.jpg

伊良湖岬灯台

07.8.5-irago1.jpg

恋路ヶ浜(波が荒かった)

30年ぶりに実現した旅行 私達の中ではただ時間だけが駆け抜けていったって感じで 部活ではガード・フォワード・センターとそれぞれポジションがあったように旅先においてもその役割分担が自然とできていてスムーズにことが運ぶ。ぶつかることなくお互いを思いやることが優先。そして未だに関心や興味が同じだったり笑いの壺が一緒だったりで会話がはずむ。34年前偶然同じ部活に入部しただけなのになんで私達って似てるのかな? いくつになってもまったりできるいい関係なのです。
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

初オペラ

07.8.2-1.jpg

今朝6時前の空
真っ青なキャンバスに白い筆をスッ〜と動かしたような雲があちこちに見られました。
そして西の空には昨夜美しく輝いていた月が…。月はそろそろお休みの時間。

さて今日は人生初オペラ体験です。
佐渡裕プロデュースオペラ「魔笛」
兵庫県立芸術文化センターに行ってきました。

私にわかるかな?ってちょっぴり不安で図書館で”世界のオペラ”という図説付きの本を借りて読んだりしましたがそんなことは徒労でした。(ドイツ語なので字幕も出るし)プロローグからエンディングまで素敵な演出や音楽的なレベルの高さにぐいぐい舞台に引き込まれた感動の3時間半でした。ねたバレになってはいけないのでとにかくよかった!!とだけ…。(^^)

今まで知らなかったことを知る作業はとても新鮮でおもしろい。
今回は特に鳥肌もので生の音楽の力のすごさを思い知りました。
「また機会があったら本場のウィーンでとか違ったキャスティングのも観てみたいな。」って一緒に行った兄夫婦や友人と2次会も盛り上がりました。兄の友人は有休をとって参加。「夜の女王最高やったなぁ〜。今日の12000円は安いわ。」とご満悦。
たまの贅沢もいいものです手(チョキ)
posted by maru at 00:00| Comment(10) | コンサート・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

食べよっと♪

07.8.1.jpg

今夜のメニューは
◇枝豆(湯がくだけ)
◇鮎の塩焼き(塩を振って焼くだけ)
◇ひらめの薄作り (お皿に盛り付けるだけ)
◇茄子と万願寺しし唐の味噌炒め (甘め味噌だれを作って炒めた後からめるだけ)
◇豚シャブサラダ (野菜を適当に切って湯通しして冷水にさらしてにんにくと生姜のきいたたれと和えるだけ )
◇麻婆豆腐 (定番ですね)

夫がシャワーから出てくるのにあわせてテーブルに並べます。
「食べよう〜。」っとしたタイミングに
それまで11対1で負けていたタイガースが9回の裏
シーツ・金本・林・桜井と連続ヒット
今から逆転はないだろうけど夫はTVの前に釘付けです。

というわけで手持ちぶたさな私は写真でも撮って暇つぶし。
作るのは好きだけど後片付けが…あせあせ(飛び散る汗)
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする