2008年10月21日

父から娘へ

「結婚式の2次会でサプライズ考えていて
おばちゃん mimizuに手紙書いてくれへんかな?」
って娘の友だちから電話をもらったのは先月13日 金沢駅でサンダーバードの到着を待っていた時。
「私はもう入籍の時手紙書いて渡しちゃったわ。『読んでボロボロになった。』って言ってたからもう私の手紙では驚けへんのんちゃうかな?」
「Dちゃんのお母さんにも書いてもらうことになってるからお願い。」って一生懸命頼まれるので
「お父さんやったらあかんかな?うちのお父さん一度も手紙書いたことないから私も読んでみたいわ。」って自己中心的に2つ美味しい話にしてしまった。

待合ですぐお願いの電話だったことを伝えると抵抗するかと思っていた夫の反応は「いつまで?」だった。「なんかええ言葉ないかな?」ってすぐ考え出したり…。

で 今日(10/20) 「これでええか見といて。」とフラッシュメモリを渡された。

PCを開きながらドキドキ どんなこと書いてあるんやろう?




26年間の思いが素直すぎるくらい直球で書かれてある。
読みながら当時のことを思い出されて今度は私がボロボロ、涙が止まらない。
お父さん そんなこと思ってたの。
私の何十倍も心配性の彼なので病気や怪我や独立や…その時々とってもきつかった様子がよくわかる。
私が平気で日常的に流していた出来事が彼の中では身を削られるような出来事だったんだ。

 その時はつぶやきくらいに聞いていたけれど文字にして読んでみたら重みが伝わってくる。活字するって大切なことやね。

割れ鍋に綴じ蓋とはよく言ったものだ。

いつもわたしをカバーしてくれる夫がいたからこそこうやってお気楽に日々過ごせるんだと改めて夫に感謝!!
 手紙 自分にもらった以上に嬉しいことをここに記します。

”ありがとう。”

私にはいつ手紙くれるのかな?
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 家族・自分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

テストが終わって

 今日は夫の誕生日 明日が結婚記念日
今夜は中間テストが終わった中学生から解放されていつもより仕事が早く終わるので時間をかけて夫のためのお料理をしましょう。

08.10.17-birthday.jpg

menu

◇ラザニア◇ 
   
    初挑戦 まずミートソースとホワイトソースを作ります。
    これをラザニアパスタと重ねていって
    とろけるチーズをたっぷりのせて焼けばおしまい。
    ソースに手抜きがなければ必ずおいしい!!
    ★★★★★

◇エビのチリソース◇
    我が家はネット友達のふきのとう。さんに教えてもらってから
    セロリをつかいます。
    エビの下味調理をしっかりしていればこれも簡単でおいしい。
    にんにくとしょうがを弱火でいためセロリを加える
    豆板醤→スープ、ケチャップ、酒、塩、砂糖を加え、エビを入れ強火でさっと炒める。
    水溶き片栗粉でとろみをだして好みでごま油 酢を加えてできあがり!!  
    ★★★★★
    
    みなさんのおうちではどんな方法で作られるのかな?

◇鶏肉サラダ◇
    生野菜(レタス・水菜・貝割れ大根・人参・玉ねぎ・わかめ)の上に香ばしく甘辛く焼いた鶏のモモ肉をタレごとのせただけ
    タレのレシピ・・・モモ肉350gに対して
             みりん  大さじ3
             砂糖   小さじ2
             しょうゆ 大さじ4
    ★★★★★

◇フライドポテト◇
    切って揚げただけ。

    ★★★★☆

あとはビールやワインや焼酎や・・・で盛り上がり
〆は娘が買ってきたタルトのケーキと珈琲でまた乾杯!

宴の後
夫が一日早いプレゼントしてくれた花束はテーブルの上の見事な食べ散らかしの中で横たわりキッチンは鍋だらけ・・・。
カロリー高すぎで身体の中はコレステロールだらけ?σ(^◇^;)

後片付けは誰がするの・・・。(^^;ゞ
posted by maru at 00:00| Comment(7) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

金沢にて

 朝のんびり湯涌温泉かなやの貸切風呂を楽しんだ後
今回の旅行の2番目の目的地金沢21世紀美術館へむかった。
兼六園にほど近い平成16年秋に開設された公園のような美術館。
観たかったのはレアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」
プールの水面の上下で人と人が出会います。
「これが芸術作品なの?なんて独創的…。」と驚くばかり。
観客までもが計算された作品の一部なんでしょうね。

08.10.13-art1.jpg(プールの上から) 08.10.13-art2.jpg(プールの中から)

加賀のイメージをぶっこわす斬新な作品の数々
近代美術がよくわからない私には自分の年齢と向き合わされた美術館でした。

後は夕方日が暮れるまでゆったり
兼六園や金沢城など加賀の街を散策

08.10.13-kenrokuen1.jpg

タイガース預金を使わせていただきました。謝謝手(チョキ)
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

お墓参り

1年ぶりに輪島へお墓参り。
今年2度目のサンダーバード。
夏に友人達と来た時はおしゃべりしすぎて福井で乗り越しそうになったけれど今回はボーっと車窓を眺め駅も確認。熟年夫婦の旅はそんなものやね。
和倉まで行って能登半島縦断はレンタカーで白米まで。
そこには真っ青な空が待っていた。

08.10.12-sea&sky.jpg 

墓前で「おじいちゃんが”わしの宝物”といつも言っていた娘が結婚しました。
式は来月です。これからも見守っていてください。」とお願いした。

 大阪からだと早くても6時間以上はかかる(昔なら1日仕事だったらしい)遠方なのに「お墓はここ。」とこだわった義父。
 けれど行くたびに義父はここが良かったんだろうなって思う素敵な所。

08.10.12-senmaida.jpg
稲刈りが終わった棚田(千枚田)

08.10.12-umi&susuki.jpg 

日本海はまもなく来る厳しい冬の準備をしてるかのよう。
  
08.10.12-sunset.jpg
 

 今夜の宿 金沢・湯涌温泉に向かう帰路、能登有料自動車道を走ってる時には日本海に落ちる夕陽と一緒に移動した。お義父さんからのプレゼントかな。


posted by maru at 00:00| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

あの素晴らしい歌をもう一度

8月に続いて今月も懐かしいフォークソングを聴きにいった。

大阪厚生年金会館大ホールで行なわれた「オールナイトニッポン40周年記念コンサート」メンバーは加藤和彦・太田裕美・尾崎亜美・紙ふうせん・クミコ・ばんばひろふみ・ビリーバンバン。

”オールナイト日本”は今でも続いてるんやね。私はヤンタン派だったので少し印象が薄い。σ(^◇^;)

オープニングは紙ふうせん 
ギター一本で「竹田のこもりうた」2曲目は「冬が来る前に」。いきなり引き込まれます。
次は私達が応援しているクミコ 
自分の曲ではなくてカバー曲。岡林信康の「友よ」をアカペラで。2曲目は吉田拓郎の「制服」。
次は 太田裕美 デビュー曲「雨だれ」 彼女の弾くピアノ演奏が素敵すぎて震災で潰れちゃった自分の部屋のベットの上に寝転がって聞いていた頃を思い出した。あの頃は凹んでいたなぁ。(´ヘ`;) もちろん大ヒット曲の「木綿のハンカチーフ」も。 クミコと一緒に歌った「誰もいない海」中1の時流行ってたような。
ビリーバンバンの「白いブランコ」 ばんばんの「SACHIKO」と「いちご白書をもう一度」 ばんばんと尾崎亜美で「白い色は恋人の色」これは小学生だったかな。レコードがウチにあったと思う。
尾崎亜美は「天使のウインク」「オリビアを聴きながら」
トリは”とのばん”加藤和彦 
「帰ってきたよっぱらい」チャランゴという10本の弦で奏でる演奏をまた聴けて嬉しい。「イムジン河」「川は高いところから低いところへ流れていずれはみんな一緒になる。」と哲学的な話も。演奏は今日の中で一番素晴らしかった。

最後は会場全体で「あのすばらしい愛をもう一度」を大合唱。
今流行の歌はなかなか覚えられないけれど この歌なら3番まで歌える。

「人生の午後は、単に人生の哀れな付けたしではなく、それ自身の重要性をもっているはずである。」とはユングの言葉。黄昏時というにはまだ早い人達だけど人生の先輩達が頑張ってくれてるのだから私達ももう少し楽しみながら頑張らなきゃいけないかな。誰に対してかわからないけどいろんな意味で”ありがとう。”を言いたくなるようなコンサートでした。

そそ、この様子は10月11日土曜日午後8時から1時間、ラジオ大阪で放送されるそうです。

雨の中、金木犀の薫りをこの秋初めて感じた。
部活の帰り 友人を待っていた時の思い出の薫り
70年代のフォークと伴に忘れられない大切なもの。

今日は試合が流れて少し平和・・・。(^^)
posted by maru at 00:00| Comment(7) | コンサート・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

最後の初恋

saigonohatukoi.jpg

リチャード・ギアとダイアン・レイン 二人共演の作品は「運命の女」で観たなぁ〜と思いながら原作が『メッセージ・イン・ア・ボトル』や『きみに読む物語』で知られるニコラス・スパークスだったのでどんな大人の恋愛が描かれているのか楽しみで観に行った。

 ストーリーはニコラス・スパークスの作品らしくロマンティックな様々な恋愛経験をしたからこそ出せるせりふを織り交ぜながら予想通り流れていくのだけれど二人の美しい歳の重ね方にうっとり。 特にダイアン・レインの演技は自然体で役を感じさせないところがとっても素敵だった。日本に匹敵する女優がいるとすれば誰かな?考えても思いつかない。
 
この映画、観客の年齢層や恋愛に対する価値観によって評価がずいぶん分かれるだろうな。印象的だったのは二人のはじらった笑顔。それは最初の初恋の時と変わらないものなのね。いろんな人生経験を積み重ねても初恋をした頃に気持ちが戻れるのは幸せだな。悲しい結末なのにほっこり楽しめた作品でした。

エンディングで流れるイメージソング、ダニエルパウターのbest of meがとっても良くて「この曲いいねぇ。」と話しかけたら夫から「女は何を考えてるかわからんな。」と感想が返ってきた。(>_<)

次は”P.S.アイラヴユー”やね。
posted by maru at 00:00| Comment(2) | 映画・本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

タイガース

優勝マジック「7」で迎えた10月
新井選手が戻ってきてくれたので期待していいかな。

頂上決戦3連敗で並ばれた日は
「なんで13ゲームも離れたのに追いつかれなあかんねん。
もうタイガース預金止めや!応援するだけ損!!」
と真っ赤になって怒っていた夫ちっ(怒った顔)
その熱い思いを受け止められない私。
「そんなこと言ってても一晩寝たらまた応援してるくせに…。」って。

案の定
「今岡と久保田付けるからダルビッシュと交換してくれへんかな?」
「来年、三浦(横浜)はFA宣言してぜったいウチに来るで〜。」
と話題は今日もタイガース。

今月は夫の誕生日月
お祝いにお弁当袋を作りました。

08.10.1-1.jpg 08.10.1-2.jpg

タイガースの生地でリバーシブル巾着になってます。
紐は黄色と黒のタイガースカラー。
「これお誕生日プレゼント、いいでしょう。」と作りかけのを見せると

「えっ、プレゼントそれなん?先に見たら意味ないやん。」と言いながら
「ホームの時は白で アウェイはグレーやねんけどな。」とまんざらでもなさそうな顔。

ぶつぶつ言ってたけれど結局「優勝したらもらうわ。」と。(^^;ゞ


3日から始まる6連戦 ここで決めてくれるかな d(@^∇゜)/♪。
posted by maru at 00:00| Comment(5) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする