2009年06月21日

父の日

2009.6.21-sky.jpg

梅雨入りしたとたんに中休み、いや前休みというのかな。
今日もミストのような雨が降ったりでも夕方は綺麗な空が広がっていました。夏至の空です。

今日は父の日
今年は夫からリクエストがあり次女には伝えてありました。
「ここで買うと割引があるから渡しといて。」とカードまで預かって…。
1週間前に買い物に行ったらしく部屋においてあります。
どんなん選んできたのかな?自分がもらえるんじゃないのにわくわくします。

で、今朝 私がいない間に儀式は終わったよう。
帰ってきたら涼しげなネクタイが置かれてありました。
「仕事にはしていかんとこ。どこかして行けるとこないかな?」
とかなり気に入った様子。 よかった よかった♪

さて 次に気になるのは長女
でも気になってることを言えない夫。
夕方買い物も終わりかけの時メールが入った。
「こんな遅くに・・・。」と文句を言いながらでも嬉しさは隠せません。
ダンナさんのウチに行ってから来るとのこと。
ダンナさん 家に上がるなり夫ところに直進で歩んでいきます。
「お父さん いつもありがとうございます。」って。
嬉しいですね♪
頂いたのはアルコール度42度の麦焼酎。
「開けんとこ。」と抱え込んで喜んでいる夫。
「記念日に開けよね。」の声も無視です。(^^;ゞ


子ども達、忘れないでいてくれてありがとう。
これでまた1年元気で働けそうやね。

2009.6.7 028.jpg

posted by maru at 00:00| Comment(7) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

歩けた♪

3ヶ月のリハビリ期間が残すところあと2週間になった義母。
新型インフルエンザで会えなくなってから私のことを思い出してくれることがめっきり少なくなちゃったけど身体機能はすごくUPしてきて
車椅子に乗せても偏りがなくなってきたし先日からは歩行訓練も始まった。
「手すりを持ちながらですけど歩いておられますよ。」と聞いてはいたけれど今日初めて歩いている姿を見ることができた。

2009.6.7 -rihabiri1.jpg 2009.6.7 -rihabiri2.jpg

入院当初は足にも手にも力が入らなくて曲げることすらできなかったのに
まさかこんな姿が見れるとは思ってもみなかった。
嬉しくて思いっきり拍手をおくったらきょとんとしてこちらを見ていた義母。

集中力が途切れてかえって「ごめんなさい。」やね(^^;ゞ

7月4日に退院日も決まりそこから今ほどの訓練ができるかどうか心配だけど出来ている機能をなるべく後退させないように私も勉強しようと思う。がんばろね、お母さん!!
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 家族・自分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

番外法起院と第八番札所

庭の紫陽花が咲いてきたので"長谷寺"の紫陽花も見頃なんじゃないかな?と思って今週は私からお参りに行こうと誘った。

奈良県初瀬には巡礼箇所が隣合う形で2つある。
三十三観音霊場の創始者である徳道上人の晩年隠棲されていた法起院と花の寺で有名な長谷寺。
長谷寺は平安末期、巡礼一番とされていて、三室戸寺を三十三番として三十三所巡礼されたことが「寺門伝記補録」に記載されている。那智が一番札所、谷汲を三十三番とする現在の順序が定着したのは鎌倉時代、熊野詣でが盛大になってからだそうだ。

法起院 

09.6.7-hokki-1.jpg

見落としてしましそうな小さなお寺。美々なお寺よりこんなお寺が馴染みます。

09.6.7-hokki-2.jpg 

上人御廟十三重石塔 


09.6.7-hokki-3.jpg 

上人沓脱ぎの石 

極楽はよそにはあらじわがこころ
おなじ蓮のへだてやはある
 ご詠歌の意味がよくわかる。

続いて長谷寺へ

仁王門をくぐると長い登廊(399段)に迎えられます。
09.6.7-hase-1.jpg
上り詰めたところに本堂 札所があります。
本堂の十一面観音菩薩像は身の丈11m余りもある誇らしげなお姿で圧倒されます。

09.6.7-hase-2.jpg 09.6.7-hase-3.jpg
 
外舞台からの眺め 苦労して上って来られたであろう先人たちの感慨が偲ばれます。

09.6.7-hase-4.jpg 09.6.7-hase-yamabousi.jpg

お目当ての紫陽花はまだ蕾が小さくて見頃を聞くと6月下旬から7月初旬だとのこと。
有名な牡丹は終わったところで花の端境期だったようだ。
山ぼうしが申し訳なさそうに咲いていた。

09.6.7-hase-6.jpg

12箇所を終えて少しわかったこと。
仏像の見方 そして願えば叶うじゃなくて手を合わせるまでに至る行為に意味があるってこと。
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 西国三十三所めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

6月1日

09.6.1.jpg

今日から義母の面会が再開された。
2週間ぶりです。

家で熱を測って行き、受付でマスクをもらい手を消毒して入ります。
「久しぶり」って声をかけたけど誰だかわからない様子。
『マスクのせいやわ。』と思って取ってもう一度「おはよう。」って言ってみたけどぼ〜っと私を見ているだけ。
やっぱり2週間のブランクは大きいようだ。

これからはまた思い出してもらえるようせっせと通おう♪

そうだ ブランケットを夏物に替えなきゃね。
posted by maru at 00:00| Comment(2) | 家族・自分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする