2010年01月08日

プライベート始動

今日から三学期が始まって
新年早々開始した午前の中3生の冬期講習が終わり
やっと気持ちに余裕ができました。
朝、家族が出て行った後ネット徘徊していると
net freindのみなさんの新年の想いが書き込まれていて時間を忘れて魅入ってしまう。
新聞や本を読んで学ぶのと違って
身近な人がその人の言葉で綴られているのが
書いてある以上のことが想像できてとても楽しい。

それに加えて今朝はNHKの「生活ホットモーニング」に吉永小百合さんが出演されていて
最後にゲストの好きな言葉を紹介するところで
遊びこころ
学ぶこころ 
と色紙に書かれてあるを見て共感した。

”一生懸命仕事をしている時でも遊ぶ気持ちを失わない。
目一杯遊んでいる中にも学ぶ心をどこかに忘れない。”
ってことでしょうか。
(そう言われていたように思ったけれど…)
ネットは私にとって欠かせない娯楽ですが
今日もたくさん学ばせてもらえた。
これを生かせるかどうかは私自信の問題なのですが…(^^ゞ

今日は今から幼児サークル
今年初めてで鏡開き(もどき)をします。
なので、ぜんざいを炊きました。

上手くできましたよ〜♪喜んでもらえるかな?(^¬^)

ぜんざいの中に入れるお団子を丸めています。
10.01-8-1.jpg

お母さんの腕の中で参加しているJ君 前では手馴れたお兄ちゃんY君
10.01-8-2.jpg

自分で丸めたお団子美味しいなぁ〜♪
10.01-8-4.jpg

ぜんざいの後はみかん 差し入れありがとう♪
10.01-8-3.jpg


今年も楽しいこと一杯しようね。よろしくね♪(^^)v
posted by maru at 10:05| Comment(13) | 幼児サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

第十五番札所 新那智山 今熊野観音寺

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。<(_ _)>

1日は実家へ 総勢16名 賑やかに今年も始まりました。
10.01.oseti.jpg
兄は昨年横浜に単身赴任になったので会うのは1年ぶりです。
お正月がなければ会ってないね〜。(^^ゞ
兄弟と言えど普段は疎遠で
「お母さんが元気でいてくれるからこそ集えるね。」とみんなで母に感謝の気持ちを伝えました。

2日は義兄に挨拶を兼ねて新年会
難波高島屋の前で待ち合わせ
界隈はバーゲンが始まっていて人・人・人
三が日は買い物をしないというのは今や死語。(>_<)
されど私達は食い気・・・。
お腹が空いた感覚がないままそれでも食べます。飲みます。

3日 今日は家族だけで過ごします。
家でじっとしとくのはもったいない。
で、どこかへ行くとなったら
行き先はまだ残っている”西国三十三所”のどこかになります。
「近いところは京都の東福寺の隣のお寺がまだやったね。」
ということで今熊野観音寺へ

JR京都駅から奈良線に乗り換えて一駅戻りそこから徒歩15分くらい
まだお参りの人は少なく(時間も遅かったかな)
境内はほぼ独占状態。
10.01.imakumano1.jpg
朱印を頂いて参拝の続きをしているとお寺の方が近づいて来られて
欄間を指差し「あれを見てください。何が彫られているかかわかりますか?」
夫が「麒麟?」と言うと
「そうです。昨年全部外して磨きをかけ色を塗って綺麗にしました。
麒麟は吉兆に遣えるのもです。磨かれた真新しい麒麟をよく見とかれたらいい年になるかもしれませんよ。麒麟ビールは知ってはっても知らない人が多いんですよ。」といろいろ説明してくれた。
10.01.imakumano2.jpg

ラッキーです。おみくじの大吉引くより嬉しい出来事。
お寺ではこういう説明を聞きたいと予てから思っていたものですから。
それに 磨かれた欄間はこの先何十年も飾られ続け、もしまたこの先お参りに来ることがあれば変化を見ることもできる。

頂いたパンフレットには
夫の境(それのきょう)、心に髄って変ず、心垢ければ境濁る(空海『性霊説』より)が載っていた。
「境」とは環境、つまり周りの雰囲気のこと。自分の心の感情は周りの雰囲気に伝わるもの。激しき感情を持って人の輪に入ればその場は気まずく、穏やかな感情を持って人に接すれば雰囲気が和み、人の輪ができるのである。

年頭にふさわしい言葉に出会えた。この言葉を心したいと思った最初のお参りでした。

せっかくここまで来たのだからと徒歩圏内の紅葉で有名な東福寺へも
10.01.touji1.jpg
もう閉所時間で境内だけ
夕陽に照らされた立派な講堂 美しさにため息がでます。
多くの人が参拝にまた観光に来られるはずです。

今日はまだまだ歩くよ。
駅ひとつ向こうの伏見稲荷にも・・・。
陽が落ちて寒くなったのでお参りの前に甘酒を飲んで温まる。
10.01.husimi.jpg

こちらは時間関係なく参拝者が絶えない様子。
お正月はやっぱり神社ですね(*^_^*)
posted by maru at 00:00| Comment(2) | 西国三十三所めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする