2010年10月26日

孫ねた 再び

今日で1ヶ月になりました。

通いばぁちゃんも順調に
秋風を感じながら片道20分の自転車通勤(?)を楽しんでいます。
その間 家には何度も来ているのですが
今日は30日目のクマちゃんとのツーショットを撮るという大義名分でまたやってきました。

10.10.26.kaito.jpg
体重(4498g)も身長(56.3cm)もクマちゃんを追い越しました。わかるかな?(笑)

それともうひとつ
「そろそろベビーバスが小さくなってきたから1ヶ月過ぎたらお風呂に入れてみよう。」
を実行する目的もありました。
沐浴は私と娘の担当でしたがお風呂はやっぱりじぃいでしょ。
じぃじも我が子の時は「首がすわるまでは怖い。」と抵抗してましたが
孫となると入れる前から嬉しそう。晩酌もいつもより控えめです。

10.10.26.jpg

木枯らし1号が吹いて急に寒くなった今日
大きなお風呂で温まることができてよかったね。
じぃじは緊張、ばぁばはビデオ ママはカメラと初入浴シーンを残す為に大わらわ。
なのにそんなことはどこ吹く風
本人はおじぞうさんのような顔をして入るまで泣いていたのがウソのように寛いでいます。

お風呂から上がってきた後 
「お母さんが『赤ちゃん入れる時は自分の身体に寄せて入れてよ。』と言ってた言葉を思い出したわ。」と笑っている。
言ってた本人はすっかり忘れていたのだけれど(^^ゞ
そして
「1億円払ってもこんな気分味あわれへんな。ありがとう。」
と言いながら娘とお乳を飲んでいるカイトに深々と頭を下げている。

「お父さんにお辞儀されたん初めてやわ。」と嬉しそうに驚く娘。

初めての育児で大変な人にも
日々の仕事に不満がいっぱいで疲れて帰ってくる人にも
我が家の天使はそれぞれに笑顔をもたらしてくれています。

明日はパパが入れてくれるそうです。 パパも笑顔になれるでしょう!
posted by maru at 00:00| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

29回目の結婚記念日

たった2週間と少しいただけで昨夜娘と孫が帰っていきました。
ガラ〜ンとした和室にはぽつんとクーハンとごちゃごちゃしている小物入れにつかっていた籐のかごが残されただけ。
泣いた。笑った。起きた。寝た。ウンチした。
動作がいちいち言葉になる賑やかな生活が和室にはありました。
あわただしかったけれどとても楽しい日々でした。

ダンナさんが帰ってくるまで赤ちゃんと二人になるにはまだ不安があるような娘でしたが
「これからは毎日通いばあちゃんするから。」と約束して見送りました。

チャイルドシートに乗る孫の姿が忍びない
「なんで抱っこしてやれへんねん。」と目を背けた夫。

「おまえはええなぁ。明日も会えるやん。」
「お父さんも仕事の帰りに寄ってきたらいいやん。」
「そんなことできるか!」

小さな存在が大の大人の心を揺るがします。

今日は結婚29回目の記念日。
夫は忘れず花束をプレゼントしてくれました。
いつも記念撮影は次女がしてくれたのですが今年はその娘もいません。
セルフタイマーでカメラに向かって笑顔。
なんか違うよな〜と思いながら
でもこの繰り返しが続くことが幸せなんだろうな。

「寂しがってちゃいけないね。」
「来年の真珠婚式には新婚旅行で行ったハワイに行こう♪」
元気がない夫に誘ってみたけど
「休みがとれるわけないやん。」
と再び落ち込ませてしまった悪妻でした。(^-^;;
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 家族・自分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

快翔

生後2週間くらいまでの赤ちゃんは
おっぱい飲んで 排泄して それ以外はほとんど寝ています。

夜中に起こされることを覚悟していたけれど
そういうこともまだないし
塾中もすやすや眠ってくれてるし
ほんと お婆孝行な孫です。

今日は2週間検診でした。
体重は3804g
一日平均 一般的には30gくらいづつ増えるらしいがカイは43gも\(◎o◎)/!
どうりで最近沐浴バスが小さく思えるはず。

体重増加で育児に安心材料がひとつ増え
娘の体調も戻ってきたようだしそろそろ自立も考えているよう。

マンションの外壁工事が本格化し換気も悪くなるので
赤ちゃんがいる暮らしはあとわずかかもしれない(>_<)

10.10.06.kaito.jpg
posted by maru at 00:00| Comment(7) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

名前は

お七夜までに名前を決めたかったらしいのだけれど
音は早々決めてたものの漢字がなかなか決まりません。
”かいと”

いくつかある候補の字画数を総画や天画や地画・・・と名前辞典を何度も繰りながらいろいろ調べてみるけれどどれか一つは不幸になる要素があるのです。
「”音”を変える気はないから もういいか 私たちが付けたい漢字で。」なんていい加減になりかけた娘夫婦に背中を押してくれる出来事がありました。

10年以上毎朝毎日撮影を続けていらっしゃる私の写真の師匠(一方通行な思いですが)のphotoBBSでパクが産まれた早朝の写真を見たのを思い出した。
雲ひとつない快晴の空

10.09.jpg
素敵でしょう(^^)

「こんな朝に誕生したんだ〜。」あんまり感動したので娘に見せると
「快晴の朝に産まれたからやっぱり漢字は最初から決めていた”快”にする。」

漢字を決定するのに大きな後押しになってくれた師匠の写真
娘は「Dadさんは名づけ親やね。」とまで言ってます。

産まれてきてから死ぬまでに私たちはいったいいくつものプレゼントをもらうでしょう。
その最初のプレゼントが”名前”だと本で読んだことがある。

パクちゃんにとって気持ちが伝わるパパとママからの最初のプレゼントになったかな?

10.10.kaito.jpg

次からはパクを改めカイで宜しくお願いします(^-^;;
posted by maru at 00:00| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする