2012年04月30日

アーティスト

artist.jpg

1927年、世界恐慌直前のハリウッド。サイレント映画界きっての大スターが共演した愛犬と共に新作の舞台挨拶で拍手喝さいを浴びているシーンから始まる。白黒無声映画を劇場で観るのは初めて。チャップリンも見たことがない。せりふなしの映画ってどんな感じなんだろう・・・。

思っている間もなくどんどんスクリーンに吸い込まれていく。
人生に失敗した主人公の傷心と回生の物語。
ロマンティックでノスタルジック。
今の時代に欲されているものが満ちているとでも言うのかな。

ラストシーンはそれまで字幕のみだったセリフがトーキーとなって鮮明に聞えてくる。
サイレントの中にトーキングがあった。
仕事が上手くゆかない人の支えや励ましにもなるだろう。
愛犬の可愛らしさも和みます。

観劇後、夫の「男は新しいことできひんねん。」の一言は重かったしちょっぴり笑えた。
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 映画・本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

番外 高野山 金剛峰寺

小中学の社会科の授業で 平安仏教
最澄 天台宗 比叡山延暦寺 
空海 真言宗 高野山金剛峰寺と暗記しなかった人はいないだろう。
私は今もその程度の知識しかないながら
巡礼がきっかけで高野山に初入山することができた。
満願のお礼参りだ。
2012-04-29-4.jpg

空海が理想の修行の場を求めて嵯峨天皇にこの山の下賜を願い出たのは816年。
空海が43歳の時。
伽藍建立は空海一代では終わらず弟子達に引き継がれ空海入定(永遠に禅定に入ること)後数十年ののちに完成する。
今も奥の院にある弘法大師御廟では空海が生きて瞑想を続けているとされているらしい。
一般庶民の強い信仰と支持を集め
宗派にとらわれずあらゆる階層の人々の心の憩いの場が1200年近くここに存在している。 
まさに聖地だ。
2012-04-29-5.jpg  2012-04-29-3.jpg

納経帳の最後のページと笈摺のひとつ空白だったところに朱印をいただき
素敵なお寺、金剛峰寺で西国三十三所巡礼の旅が締めくくれたことはありがたい。
これからも時々訪れたいものだ。

今は開創1200年記念大法会イメージキャラクターのこうやくんが癒してくれるパワースポットみたい。
2012-04-29-2.jpg
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 西国三十三所めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

my small garden in spring

あれ?前UPした時よりseesaaのブログ使い易くなってる。
書き込み欄が広くなって入力しやすくなった\(^o^)/
4月になって変化したことの一つだな。

4月になって大きく変化したこと 
@ 中学生の教科書が全面改訂 レベルが劇的に難化・・・。ちゃんと対応しなければ。
  今までがのんびりし過ぎていたんちゃうの?と10年前を振り返る。
  「子どもを伸ばすには自分も学ぶことを忘れてはいけない。」
   教師の側が十年一日の如くであるとするならば、年々若さが失われる分、教師の魅力は減っていく。
   心しよう!!

A 毎朝聞いていたラジオ講座”英語5分間トレーニング”が終了し
  ”英会話タイムトライアル”へ移行。
  朝8:30から10分間 会話の瞬発力を鍛えてくれるらしい。
  今は小学生に戻って名前を言ったり挨拶したりしています。
 「いつまでこの領域にいるねん?」と自分につっこんでいるが学ぶことが楽しい(笑)

あとはいつものルーティーンを自分のペースで頑張る。
継続は力なり!を信じて!

窓越しに見える満開だった桜が散り始め枝先から葉桜に変化しつつあります。
何年もこの時期のブログにUPする庭の写真は代わりばえしないけど私にとっては愛しい花たち。
今年も・・・(笑)

2012-04-13.jpg

桃色たんぽぽは明日くらいには蕾が開きそう(*^_^*)
posted by maru at 00:00| Comment(4) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする