2015年04月18日

趣味の部屋

1月にNHKホールに行った時もらったパンフレットの中で
「観たいのはこれくらいやなぁ。」と夫がつぶやいていたので
楽しみが増えたらいいなぁと密かに予約抽選に申し込んだ今回の舞台。

「予約抽選当たったよ!!」と言ったら
「せからしいなぁ。(また行くの?)」という反応!
素直に『ありがとう』なんて言わないと思っていたけれど
「なんやねん!!」(笑)

・・・てなことだったのに 
今日は朝からそわそわ ウキウキ
「何着て行こう?」 「早よ 行こう!」と
大きなリュックを背負って ママの準備を待ちきれない子どもみたいな様子でせかします。
「なんやねん!!」(笑)

久しぶりに晴れ渡った陽気の中 森ノ宮ピロティーホールへ。

舞台は久しぶり

2015-04-18.jpg

中井貴一主演で大好評を博したサスペンスコメディーの再演
脚本 古沢良太 (always 三丁目の夕日)
演出 行定 勲 (世界の中心で愛を叫ぶ 北の零年)というのも注目です。

男たちが趣味のために借りたマンションの1室で繰り広げられる約2時間の舞台。

やっぱり 俳優のの息遣いが聞こえる生はいいですね。

完成された舞台の裏側にある 
苦悶 葛藤の日々も覗いてみたい気がした。


posted by maru at 00:00| Comment(0) | コンサート・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。