2013年12月14日

アレンジメント教室最後の日

先生がチョイスされるパステルカラー基調の花材が大好きで
14〜5年間教えてもらっていたアレンジメントフラワー。
各々集まりにくくなったのが理由で 今日が最後のレッスンになった。

娘たちに
「今日はお父さんの付き添い行かれへんねん。アレンジメント教室の最後の日やから。」と伝えると
たいそうびっくりしていた。
思えば 二人のウエディングブーケが作れたのも先生のおかげ。
先生の指導がなかったらぜったい実現していない。

mai buke.jpg kana buke.jpg

生花がある部屋は、しあわせな気持ちにしてくれます。
レッスンがなくなっても 自分で花屋さんに行って時々はアレンジしてみましょう。
できるかな・・・。

13.12.14.jpg

(最後のオーバルアレンジメントとtea time)
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

2月のアレンジメント

 三丁目の夕日を観に行って・・・。と予定していた日だったけれど
つわり中の娘から「ゴロゴロしに行ってもいい?」と電話があったとたん
「せっかく映画観にいくつもりやったのに…。」と言いながらも
「掃除せな!」とはりきって掃除機を出してくる夫。
今の楽しみは”孫”だけらしい(笑)

午後から私は今年2回目のアレンジメント教室。
「ひなまつりの基本色を使ったアレンジ」です。

基本の色はピンク・黄色・萌黄色
紫色や枝ものを入れるとさらに『和』の雰囲気が出てきます。

2012-02-18.jpg

桃の花がお節句頃には開くかな?

来年は初節句なんてことになれば・・・
なんて調子良すぎかな?
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

アレンジメント

今年最初のアレンジメント教室

チューリップ スイトピー フリージア ガーベラ etc
春の花 春の色で作っていきます。

2012-01-23-1.jpg

一週間経つと花も萎えてきます。
が、そこで再びアレンジ

2012-01-23.jpg

チューリップは持たなかったけれど
他の花でブーケのようなかわいい作品ができました。

玄関が華やぎます。
塾生たちはあまり気づきませんが・・・(^-^;;
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

せっけん

週1回習っている英会話の先生はナチュラルテイストな人(こんな言い方するのかな?)(笑)
暮らしにもこだわっておられて今日はその一部分
せっけん作りを教えてもらった。
「できれば英語で・・・。」とちょっとおまけ付き。

せっけん作りは お菓子を作るかのように
また 理科室で科学実験をするかのように楽しく進みます。

ただ苛性ソーダを使用するので注意しないとやけどすることも。

11-12-sope1.jpg
出来たものを牛乳パックに流して1週間置いたものです。
ラベンダーとローズウッドのエッセンシャルオイルを入れたので薫りがとてもいいです。

11-12-sope2.jpg
切り分けてみなさんで交換する楽しみも・・・。

今回の初体験で手作りのせっけんがどうして使い心地がよいのかの理由がわかった。
油(オリーブオイル)と苛性ソーダを合わせると石鹸とグリセリンができます。
市販品はほとんどそのグリセリンを別に取り分けて売っているとのこと。
グリセリン配合というとそれだけで商品価値があがりますものね。
手作りするとたっぷりと含まれているグリセリンをそのまま使用できると言うわけです。
オリーブオイルのなかには天然の保湿成分「スクワレン」も含まれています。

少し手間をかけるだけで売り物には望めない品質のものが安価で手に入るのです。
「気持ちいい!」「楽しい!」「満足!」という気分と一緒に(笑)

では シャンプーも歯磨き粉もというとちょっと二の足を踏む私ですが・・・。
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

震災の日

11.01.08.jpg

16年前も寒さで肌が痛く感じるような朝でした。
部屋の中は春の花のアレンジメントが優しい色を放ってくれていますが。

昨夜家族でその日の話をしていて
「お母さんは30代やったなぁ。」と夫。
「そうやなぁ〜」と、目をまるく そしてそのまるい目で私を見つめる娘。
さも「老けたね。」とでも言いたげに・・・(笑)
「だってあんた3年生やったやん。」(>_<) そこには25歳の娘がいます。

TVのテロップで詳細な地震情報が流れる。
あの頃はまだどこか他人事の地震情報だったけれど。

被災地各所では毎年記念行事が行なわれます。
被災された方の思いはどうでしょう。

「ちょっと違うだろう」お父様を震災でなくされた私の師匠も毎年記されておられます。
私もそう思います。

けど報道とはそういうものなんだろうなと思います。
投げかけはするから拾うのは自由よ。
それを通して考えるのは自分。

今朝ラジオのパーソナリティーが
酷い被害に会われた方ほどまず
「あんたとこどうやった?みんな大丈夫やった?」と相手を気遣われる言葉が出ると言っていた。
私もそんな体験何度もした。
私の実家近辺はみんな被災者なのに物を持ち寄り 温かさを持ち寄り 感情を持ち寄った。

悲しみがもたらしてくれるもの、悲しみからしか得られないもの
そんなものに恵まれた。 なんて前向きに思えたらって言うのはたわ言かな?
「そんなものいらない!」って言われるよね(>_<)
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

アレンジメント フラワー

07.4.3.jpg

有難いことに先月は娘も私もお花をたくさんいただいた。
春らしいパステルカラーのスイトピー
いろんな色を持つガーベラ
可憐なスプレーバラ
どの花も愛しくて枯れていく花を摘みながらもったいなく
簡単にブリザードができたらなぁ〜って思う。
私が出来ることは最初は花瓶に投げ入れていた花を
小さなポットに入れ替えてオアシスに刺すくらい。
お気に入りの一輪刺しに1・2本差し替えるのも控えめでかわいい。

また違う表情を見せてくれる花
それを傍らに昼下がりお茶する一時

心が和みまた頑張らなくっちゃぁ〜と思えます♪
posted by maru at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする