2015年10月27日

季節の移ろい

秋晴れの日が続きます。
今朝はまた1歩冬に近づいてきたみたい。
空を見上げると 細い穂先の箒で履いたような雲が空に模様を描いている。

2015-10-26 003 (800x533).jpg

最低気温が10度をきりそうなので ベンジャミンを部屋の中に入れました。
我が家に来て27年にはなると思うベンジャミン。
葉付きがだいぶ悪くなってきたけれど
我が家の成長を見守り 
そしてこれからの閉じて行く様を見届けてくれるかな。

ベンジャミンの寿命って何年くらいなんだろう?

育て増やすことが楽しくてこの老母木からいくつもの鉢が産まれた。
今は約30鉢くらいある。
気温が低い間だけ部屋の中に入れるのだか
それももう限界かな。

整理することを考えないとな・・・。
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

2015 お雛祭り

男子3人の孫と一緒にお雛祭りをした。

何年も出していなかった雛壇を前に記念撮影!

S__3301397.jpg

でも やっぱりちょっと違和感。(笑)

私はちらし寿司 孫たちが好きなから揚げ 三つ葉のお吸い物
長女は仕事帰りにケーキ
次女は苺大福 とそれぞれ持ち寄り 

慌ただしいけど楽しい時間が過ぎる。

来年はこんな量ではとても足りないだろうなぁと反省。
3人仲良く戯れているのが嬉しいジジ ババでありました。


posted by maru at 00:00| Comment(0) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

節分

今年も恵方巻を作る。
巻き寿司を作ったことがないという次女と一緒に。

「えっ?教えたことなかったっけ?」

最近 誰に何を言ったか忘れることが多いけれど
もの覚えもゆる過ぎる(´▽`)

次女が来るまでに椎茸 高野豆腐、かんぴょう 玉子焼き 三つ葉の準備はしておく。
が 椎茸 もうあと少しのところで焦がしてしまった。無念!!(-_-;) 

常套の巻き寿司は我が家用。
次女はソーセージやツナマヨネーズなども入れて巻いていた。
初めてでもとても器用に巻いている。

そばで見守る孫3号
最近 一瞬立ったり つたい歩きができるようになった。
ママを追いかけるハイハイは超高速!
会う度に出来ることが多くなり驚かせてくれる。

今日は大豆に夢中
02-03-1.jpg

02-03-2.jpg

来年は鬼を追いかけているかな? 
追いかけられているかな?♪

posted by maru at 00:00| Comment(0) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

2015年 元旦

明けましておめでとうございます♪
今年もよろしくお願いしますm(__)m

元旦は各地で綺麗な初日の出が拝めたらしい。
私の起床時刻は8:00 
年末、夫が綺麗に磨きあげた窓越しに
明るくなった外を眺め 
1年の始まりを感じる。

お雑煮と
実家に持っていくおせち料理の中から 
崩さないように少しずつお皿に取り分けて
ささやかな新年の挨拶を夫と二人でする。

これから実家に行って盛大に食べたり飲んだりするからね。

次女家族に迎えに来てもらってまずは 施設に行き義母に挨拶。
年末調子を崩し 心配したけれど 献身的な介護のおかげで頑張ってくれています。
今年も無理なく穏やかに過ごせますように。

実家では家族全員(24人)勢揃いした。
風邪や仕事やそれぞれの都合でたいてい誰かが来れないのに
今年は体調崩したものもいなくて 
みんな母をのことを思って優先してきてくれているのが嬉しい。

子どもの時は兄弟が多いのが嫌だったけれど
(お年玉が少ないとかお正月はとにかく揉めた。)
今はこれが宝だと思う。

”命から命へ、世代から世代へ、受け継がれていくものの
永続への祈りを新たにするお正月。”

2013年の元日 毎日新聞余禄に記されていた言葉だが
みんなの顔を見てそんな思いに浸れたお正月だった。

帰り、吹田インターチェンジは雪化粧。
雪深い地方は大変だろうけれど 
私にとって たまにしか見れない雪景色は 
愛しい季節の贈り物だ。
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

干し柿 2014

去年の干し柿が上手できたので 今年も作るぞ〜と 渋柿が店頭に並ぶのを心待ちにしていた。
スーパーで買うのじゃなくて ”商店街の果物屋さんで買う”とこだわりがあり
今日 やっと 桜塚商店街に行くついでが出来たので
メモ用紙に今日の買い物

再生土
バラ専用の肥料
食パン
と書いたのを財布に入れて自転車でひとっ走り!

ついでと言っては悪いような会議を終え 商店街へ

売ってました。美味しそうなふっくらした渋柿!
一盛り 380円と書いてある。
中からでてきたおばちゃん(おばあちゃん)が「350円でええで。」と
こういうのがいいだよね。対話のある買い物。
「じゃあ 二盛りください。」って言っちゃった。

11-07.jpg
 
年末には食べられるかな♪
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

57回目の誕生日

午前中は仕事
お昼 次女が誕生日だからとパエリアを作りに来てくれる。
2か月の子どもを連れての移動 お疲れ様&ありがとう♪ 美味しかったよ♪
盛り付け前だけど 記録写真に。
DSC_1746.JPG

夜は長女一家がケーキを持ってきてくれる。
孫たちはローソクの火を消すのをとても楽しみにしている。
☆ 消す前
14.08.12-1.jpg
☆消した後
14.08.12-2.jpg

夫からは花束! 

当たり前の日常を特別なに日に変えてくれた家族に感謝です♪

57歳も一日一日を大切に過ごしていきたいと思います♪(^o^)/
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

梅雨明け

本日 近畿地方に梅雨明け宣言!

2,3日前から紫蘇の部分にポチポチ 小さなカビがきていて 
早く梅雨明けしないかなぁと待ち遠しかったので
宣言を聞いてすぐ 天日干しした。

14.07.21.jpg

今年漬けたのは7月2日
梅3kg
粗塩 200g
氷砂糖 200g (まろやかになるそうです。)
梅の重さと同じ程度のの重し。

梅酢もしっかり上がりました。

14.07.05.jpg

今年は 初めて生赤紫蘇(梅の20% 600g)を近所の農家さんから買い
丁寧に洗って 塩もみして あく抜きしたせいか 色が違います。
その農家さんから聞いた話では
「6月28日頃の紫蘇が一番綺麗なので
これからは その日に合わせて梅を漬けてみて。
今日のは綺麗な色がでるか心配やわ」と。
(結果は、今までの中で一番綺麗だったんだけど。)

14.07.09-1.jpg

一緒にできた 赤梅酢は紅生姜作りに使いましょう。
紫蘇は フードプロセッサーで ”ゆかり”に変身!!

梅仕事の完成です♪
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

新田南夏祭り

毎年 梅雨明け前 不安定なお天気の中開催される 地域のお祭り。
今年も祭りが始まり 人足が活発になってきた頃 やっぱり上空に雨雲到来!
運動場があっという間に沼地になってしまった。
が、そんなことで退散する子ども達ではありません。
靴はもちろん浴衣が泥んこになっても雨があがるのを待ちます。

毎年5000人近い人が集まる 地域の一大イベントです。
この催しに私たちグループも立ち上げの時から関わってきた。
今年もスーパーボールすくいのお店で参加。

14.07.20.jpg

幼児小組の卒業生やお母さんなど 見覚えのある人たちがお店に立ち寄ってくれます。
私たち店番人たちも“お婆ちゃん”が多くなって お孫さんやその家族の人たちの集いの場にもなっています。
採算を度外視したお店ですが みんながそれぞれのことを思いやり、気遣いながら長丁場(12:30〜21:00)を乗りきります。
こういうのが私たちだなぁと思います。 
地域のみなさんに もっと私たちの活動を知ってもらう良いチャンスかもしれませんが 
今年も出品店の肩書きだけに終わてしまった。
ですが 私たちが楽しそうにしていることがなによりの宣伝かとも思う班のスタンスです。

猛暑にも 時折の豪雨や稲光にも負けず今年もやりきりました。
また 夏の終り頃 慰労会と称して飲み会でもできたらな〜。
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

父の日

何かと記念日や行事日を気遣ってくれる娘たち
今日は”父の日”だからと夜、家族全員集合!

夕飯は、子連れでは食べに行くのも大変だし”手巻き寿司”に決定。
が 量が問題。
孫たちもよく食べるようになったのに寿司飯4合で足りるや足りないや・・・。
結局ギリギリセーフ(^_^;)
来年はこれではいけない。
お婿さんたちはサーモン好き 甘えび・貝類はあまり食べない。(備忘録)

プレゼントは夫のリクエストで長財布。
センスの良いKIKUCHI TAKEOブランドのものを選んでくれていた。
ありがとう♪

06-15.jpg

早朝 ワールドカップ初戦 vsコートジボワール。
負けたら夫が 勝ったら私が昼食を作る賭けをして
結局、夫が 炒飯を作ることになった。(備忘録)
この1敗はとても大きい。(>_<)
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

母の日

今年も忘れず 1日早く”母の日やから”と娘達が来てくれた。
「イベント好きやから」と言ってるが、有難いことです(^o^)

孫1号が保育所で”母の日”のプレゼントを初めて作って長女に渡してくれたそうです。
カイト「ママ おめでとう♪」
ママ「ありがとうの間違いちゃう?」

勘違いでもなんでもいい。
初プレゼントは忘れないものになったことでしょう。

私があなたたちからもらった母の日のメッセージカードなどを
大切においている気持ちがわかってくれたかな?(^^)

今年はバッグと手作りのリボンクラフトをプレゼントしてくれた。
自分では選びそうもないセンスの良いバッグ。
「お母さんのバッグは長財布と文庫本が入ればいいよね。」と程よい大きさのバッグ。
老いては子に従うのが賢明だ。(笑)

00000002.jpg
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

衣替え

GW前の五月晴れ!
ニットの洗濯日和だ。
仕分けはしておいたので まずは第一弾
洗濯竿の干場がなくなるまで干します。
最近は外に洗濯物を干さない家も増えているらしい。
花粉やMPなど外気の埃を持ちこまないのもいいかもしれないけど
私はやっぱり 太陽の光を浴びた洗濯物のにおいが好きだし 日光消毒なる言葉を信じたい 昭和人である。

洗濯物を揺らす風は 心の中にも入りこんきて なんだかすっきり
気分も浄化させてくれるようだ。

14.05.02.jpg

それにしても 彩度の低い色ばかりだな。
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

大晦日

「今日は夕方からしか行けないよ。」と夫に伝えて 朝からおせち作りに励みます。
黒豆や栗きんとんは年に一度しか作らないものだから レシピを見直して 甥っ子たちに美味しく食べてもらいたくて作ります。
なますには 今年作った干し柿を刻んでいれてみた。
美味しい〜〜(自己満足!)
母に「来年は野菜をもう少し大きく切るように。」と言われてた筑前煮、
『ふつうは小さくって言われるんちゃうかな?』と思いながら気を付けて切る。
(80歳なのに歯が丈夫、それだけ元気だってことやね。)

2時ごろ仕上がったので 今度は大掃除。
久しぶりにベランダにブラシをかけた。
窓ガラスはシャークポータブルクリーナーでひと吹き。
傾きかけた日陽が綺麗になった部屋を照らして大満足!
今日は良いお天気で助かった!

準備万端 さて 病院へ行きましょう。

13.12.31.jpg

義母から受け継いだ家紋が入った重箱におせちを詰めて新しい年を待ちます。
たった一人で過ごす大晦日は人生初!
人はいつかは一人になる。その練習をさせてもらっているのかな。
一人で観る紅白歌合戦も悪くない。(毎年だったらどうかわからないけど。)
そう思っていたら母から電話がかかってきた。
約30分話し込む。「寂しいでしょう。」と心配してくれたんだと思う。
が、AKBを見逃した。(>_<)

と 

年初来 トワイライトエクスプレスに乗れなかったり 大好きだった祖母が亡くなったり 良いことと悪いことを天秤にかければちょっと悪いことの方に傾くかな?って一年でしたが
来年は 3人目の孫が生まれる予定があり 元気でmaru流に過ごしたいと思います。

みなさんも よいお年を!!
posted by maru at 00:00| Comment(5) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

干し柿

民家に柿が干してあるのを見ると父を思い出す。
家に柿の木があるわけでも広い軒があるわけでもないのに 退職してから毎年工夫して作っていた。
その頃は なんの興味もなくて そのことについて父と会話した覚えもない。
が、この時期になると不思議と記憶がやってくる。 
『どうやって作るのか聞いてればよかったなぁ』と最近になって毎年思っていた。
 
友人と商店街を歩いていると 立派な柿が安く売っていた。
友人が「あれは干し柿用よ。熊本の母が毎年干し柿送ってくれるの。」と言う。
「作り方知ってる?作ったことある?」と聞くと その場で教えてくれた。
聞いてると簡単そうに思えて カゴ1山買ってみた。

柿の軸は紐がかけやすいように程よい長さでカットされてある。
不器用に紐を通しベランダの竿にかけてみた。

hosigaki.jpg

青空の向こうで
「わしに聞いてたら そんなに苦労しなくてできるのに・・・。」
と父に言われている気がした。

お正月前には食べられるかな?
出来上がったら 遺影の前に供えるからね、お父さん!!
posted by maru at 00:00| Comment(4) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

32回目 結婚記念日

こんなに体調の悪い夫と結婚記念日を過ごすのは初めてだ。

頸椎ヘルニアの痛みで月初から日々苦しんでいる夫。
痛み止めの薬が強いのか肝機能も低下しているらしい。
発熱したりだるかったり 当然 飲酒する気も起らない。
「このまま酒やめれそうな気がする。」とまで・・・。

これはいつもの弱音とはちがう。
なんとか元の晩酌をしながらの食卓に戻したい。

でも急ぐことなかれ。

これは私たちに鳴らされた警鐘だ。
しっかり受け止めてその日が来るのを待とう。

けど せめて 痛みだけでも和らいでくれたらなぁ。

そんな中で今年も忘れず買ってきてくれた記念日の花束。
こんな几帳面さがストレスになって循環を悪くしているのかもと思う。

13.10.18.jpg

有難すぎて何かの方法で保存できないかなぁと考えている。
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

56回目の誕生日

56年前のこんな暑い日に産んでもらったんかな・・・。

お母さん、ありがとう。大変やったでしょう。

天花粉だらけの私が写真に残っている(笑)
あせも対策やね。

今のようにエアコンもなく
(扇風機はあったんかな?)
開けっ放した玄関から裏まで通り抜ける風も生温かく
夕方なると家の前の路地に打ち水して
どこのおうちからか涼み台が置いてあって
近所のステテコ姿のオヤジさんや あっぱっぱを着たおばあちゃんが
食事の後 なんとなく集まって来る。
そんなところで母の仲のいいおばちゃんを「お母ちゃん」と言って育った・・・らしい。

豊中は今日は最高気温39.8度だった。
暑さの余韻が消えない夕方
仕事が終わる頃を見計らって 娘たちがお祝いに来てくれた。
夕食に豚しゃぶサラダと冷製パスタを作ってくれ
プレゼントは300mmの望遠レンズ。
夫からは 日持ちする?(笑)アレンジメントフラワー
孫たちからは 可愛いダンスと歌
(プレゼントしているつもりはなさそうだけれど)

誠に8月12日は良い日であります。

(JAL飛行機が御巣鷹山墜落した日でもあり
68年前なら日本中が終戦を前に誕生日なんて言ってた人はいなかったであろうけれど
そのことも忘れない日。)


最後はバースデイケーキ!!

DSC_0537.JPG

誰の誕生日やろ?(笑)

13.08.12-1.JPG

ケーキの上がローソクでいっぱいになっちゃった(^_^;)

13.08.12.jpg

posted by maru at 00:00| Comment(2) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

今年のいかなご

今年のいかなごの解禁日は23日(土)。 昨年より4日早かったらしい。
このあたりではまさにいかなごが”春告魚”で
春を感じさせてくれるものはいくつもあるけれど
ここ10年くらいはいかなご解禁日も私の中でそのひとつになった。

ピーク時には30kg〜40kgくらい炊いていた母も寄る年波には勝てず
最近 立ったり歩いたりすることに不自由さを感じているのであまり頼りにするのも悪い。
「あんたが手伝ってくれるんやったら作るよ。」
と言ってくれるので手伝いに行くようになって今年で3年目。
今日は中1 中2生の期末テストが終わる日なので
育児休暇中の娘を誘って行く事にした。
娘にも伝授してもらわなくっちゃあ(^^ゞ

買い物も「ようせん。」と言うのでこちらから炊くのに必要な砂糖 醤油 酒 みりん 生姜すべて準備していった。
でもいかなごは地元で買わなくっちゃぁ意味がない。
天候が不良だと売っていないし 人気があり過ぎて売り切れということもありえるので
半分賭けのような気持ちで乗り込みます(笑)

車を降りた商店街の入り口にチョークで「いかなご」と書かれた看板が立っていて
こんなところにも売ってると思ってのぞいてみた。
見ると 残っているのは1kg入りの袋が7つだけ。
私は8kg欲しい。
後からすぐ2人のおばさん(おばあさん?)が並ばれた。
「いくついるんですか?」と聞くと
「私は2kg」「私は4kg」
3人で分けるの一番いいんだろうけどどちらにしても中途半端。
母が「いかなご買う時は戦争やで。」と言ってる意味がわかった。

「またすぐ来るから3,2,2kgで辛抱しといて。」とお店の人。
「それが一番穏便やな。」って思っていたら
軽トラックが横付けされ お店の人が「来たわ!」と。
手際よく銀色に光ったいかなごのせいろが下ろされた。
みるみるうちに人が寄ってくる。
「いくら?」「1100円 そら安いわ。」という声が飛び交っていると思ったらもう列ができいる。
すざましいいかなご争奪戦。
私は先頭で悠々と8kgもらって ほくほくとした気持ちで実家に急ぎます。

「洗う時は静かに洗うんやで。直接水を魚にかけたらあかんよ。」
「沸騰してから何回かに分けていれるんよ。」
「火加減に気をつけて あくは丁寧にとるんやで。」
「絶対魚は触ったらあかんよ。」
「煮汁が少なくなってきたら最後は弱火。」
してはいけないことがたくさんあって
娘は従順に聞いている。
出来上がったものを平皿ざるに移して
「ハイ 扇いで。」が娘に与えられた仕事。
玄関外にでて 冷たい空気をいかなごの中に入れ一気に冷まします。

2kgを4回に分けて無事終了!

2013.02.28.jpg

今年も美味しそうな飴色いかなごが炊き上がりました。

帰路「おばあちゃんの炊いてる姿 初めて見たわ。」
と満足気な娘の声を聞きながら
『連れて行って良かったな。』
というか・・・
車に乗っけてもらって楽して移動。
たっぷりいかなごもらって帰れて
一番得したのはやっぱり私?(笑)

お母さん mimizu お疲れさまでした。
おばあちゃんに食べてもらいたかったね。
posted by maru at 00:00| Comment(2) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

St.Valentine's Day

1週間ほど前から バレンタインデイのことを気にしている中1男子
「○○君 もらえそうやな〜」「ボク ぜったいもらわれへん。毎年お母さんと妹だけや。」
お互いけん制しあっている。
そのうち 矛先はこちらに向かってきて
「先生 ちょうだいやぁ!」と甘え声で曰う。

「塾の日がバレンタインデイやったらあげるよ。」
と言ったら カレンダーをチェックして
「やったぁ〜\(^o^)/」と喜んでいる。
やられたかな?

この日は 女子も男子もそわそわする一日らしい。
こんなにすごいブームがなかった時代に育ってよかった(笑)

5年生女子二人は毎年律儀に手作りチョコを作ってくれる。
今年もメッセージ付きのチョコとかわいいラッピングのチョコパイをいただいた。
チョコパイはお姉ちゃんと共同で100個も作ったらしい。
たくさんの友達に渡してホワイトデイを期待してるんだってσ(^◇^;)

13.02.14-1.jpg

私はいいから 気の毒な男子に挙げてちょうだい・・・(笑)

我が家のバレンタインデイは

13.02.14.jpg

二人の娘がそれぞれ届けに来てくれた。

私のも一緒に記念撮影をして
帰ってきたらすぐ目に付くところに飾っておいた。

反応は・・・(^-^;;
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

鏡開き

11日は鏡開き
お正月に歳神様にお供えしていた鏡餅をお下がりとしていただくと
それを食べた人は力を授けられると言い伝えられた事から
1年間の健康と開運を祈願する日。

子どもの頃 床の間や神棚にお供えしていた鏡餅は
鏡開きの頃になると乾燥してひび割れし、
黄色や青のカビが生えてきて
それを取るのに 母は水に漬けて包丁でこぞけていたのを思い出す。
今だったら棄てられてるかな・・・。
「切ったらあかんねんよ。」と何かで叩き分けたあと バラバラになったお餅を
父がストーブで焼いてくれて お雑煮や粕汁に入れて食べて記憶がある。
切り口がぎざぎざなのでそこが焦げたり 焼けてないところがあったり
なんか 形はめちゃくちゃ。でも美味しく頂いていたんやなぁ・・・ 昔は。

今の我が家はお飾り餅しかなく 儀式だけを真似ることになっている。

昨年までは幼児サークルの子ども達に食べてもらう為に作っていたけど
今年は塾生のために作ってみた。
もちろん 私が食べたいからだけど。

2013-01-11.jpg

もうすぐ受験の中3生 今日実力テストだった。
「もうちょっと勉強してたら良かった。」は毎年聞く言葉だ。
今年の3年女子はおとなしくて ほとんど自分達から発言することがない。
もう何年も付き合っているのに
もうすぐ お別れだというのに
一度くらい フランクに話し合いたいと思う。

静かに食べてそ〜っと食べ終わったお椀をお盆にのせる。
それだけ・・・。

彼女たちの授業が終わった後 今日のはこれで良かったのか
もっと違うアプローチの仕方があったのではないかと悩む日が続く。
もう少し自分に力があればなぁ。

これは神頼みでは解決しない。
posted by maru at 00:00| Comment(2) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

明けましておめでとうございます♪

今年もよろしくお願い致します<(_ _)>

2013年元日は年末寒波が少し遠退いたようで
カーテン越しの陽射しが穏やかで、各地で初日の出が拝めたそうだ。

昨夜は除夜の鐘をTVで聞いた後 遣り残したことがあったので外に出た。
空を見上げるとオリオン座が瞬いていた。
星に見とれて”今年はどんな年になるかな?”なんて思いながら
灯りがついている家が多いものの静かな近所を少し歩いた。

いつも「こんな年にしよう。」と抱負を持たなければと思いながら
もうそんなに変化も求めないし 
今までに得たたくさんの出会い・縁を大切にしながら
家族と共に健康で機嫌よく暮せたらそれで満足と思う。
それぞれに家庭を持った娘達はまだまだこれから困難なことに直面するだろうから
そのサポートができさえすれば。

元旦は祖母の施設に挨拶に行った後
恒例 実家で新年会。

2013.0101-1.jpg

年末祖母が入院してすっかり疲れてしまった母に代わって
義姉、妹達と分担しておせち料理を作りました。
母の煮物やなますがないのは寂しかったけれど
新作もあって美味しかった(^¬^)
(ごまめはもう買ってあったそうで”田作り”は母作)

2013.0101-2.jpg

メンバーにタイチが新しく加わってみんなにお披露目。
代わる代わる抱いてもらって 
その傍でカイトは久しぶりに会ったお兄ちゃんに遊んでもらっています。

2013.0101-4.jpg

まもなく公開する「東京家族」の監督 山田洋次さんが
「家族って何?」と質問されて
「難儀なもの。」と答えておられた。
ちょっと意外だったけれど
盆 正月に挨拶に行かなきゃならない。
会えば喧嘩 義絶している家族もいる。
時に煩わしく思える存在なのかもしれない。
でも、失ったらそれがどんなにかけがえのないものだったか誰もが気づくんじゃないかな。

気づいている人が 煩わしく思われても少々鬱陶しく思われても
「集ろう!」と音頭をとろう。

親から子へ 子から孫へ 命から命へ

受け継がれていくものの永続への祈りを新たにするお正月。
(元旦の朝刊の余録抜粋)を記しておこう。
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

Shark steam Portable

今年の年末のお助けマンは
TVショッピングでお馴染みの”シャークスチームポータブル”

12.12-30.jpg

互いに違う時間に違う場所でTVを見ていて
互いに欲しいと思った品物
「見終わってから30分以内は送料無料なんだって。」
「おまけも何千円分もつくらしいよ。」
キャッチフレーズに乗せられているとはわかっていても
乗って買うのもおもしろいかも…。
「使用後でも気に入らなかったら返品できるらしいで!」と夫が駄目押しをする。
日曜日の朝 改めて二人でTVを見て同意の上で0120-に電話をかけた。
すると2日後に到着。

「三船美香みたいに笑顔で掃除せなあかんなぁ〜。」
「そうそう こうやってね。」
笑顔のしあいっこをしながら掃除する夫婦も珍しいだろう(笑)

水周り 窓 サッシの溝 家電 壁 玄関ドア 何でもかんでもスチーム スチーム
4日間かけて部屋中ピカピカになりました。
両手に器材を持って背伸びしながら かがみながら奮闘した夫。
今夜はついに筋肉痛で根を挙げた。
「もう明日はやらん!!」と。

もう充分ですよ。
明日遊びに来るという孫とのんびりして下さい。
私は綺麗になったコンロ周りでおせち料理作りを頑張りましょう♪(^^)v
posted by maru at 00:00| Comment(0) | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする